神保彰、ニュー・アルバムとカヴァー・アルバム第3弾の2枚を同時リリース

ツイート
ニューズウィーク誌で“世界が尊敬する日本人100人”に選ばれた世界のトップ・ドラマー、神保彰が、1月8日に新作アルバム『Crossover The World』と人気のカヴァー・アルバム・シリーズ第3弾『JIMBO de COVER3』の2枚を同時リリースした。

◆神保彰 画像

1970年代に音楽の新たな潮流として生まれ、日本でも80年代にブームを起こし一つのジャンルとして確立された「クロスオーバー/フュージョン」。それからおよそ30年、70年代にCTIレコード等のクロスオーバー・ムーブメントに触発されて音楽を志した神保彰が、有機的で温かく、しかしエッジもある音楽“ネオ・クロスオーヴァー”を提唱したのが今作『Crossover The World』。息の合った不動のメンバー、エイブラハム・ラボリエル(B)、オトマロ・ルイーズ(P)、アレン・ハインズ(G)に加え、世界最高ランクのギタリスト、マイケル・ランドウをギターソロでフィーチャー。

さらに同時発売のカバー・アルバム第3弾となる『JIMBO de COVER3』は、「ワンマンオーケストラツアー」で披露されたおなじみのポップスを中心に、「ルパン三世のテーマ」や「セプテンバー」など厳選された楽曲をLAの一流ミュージシャンとのトリオ編成で録音している。また、ボーナストラックには、話題沸騰中のアニメ「となりの関くん」エンディング・テーマを収録。驚異のドラミングでアニメ作品を彩っている。

1月上旬からの全国80箇所をまわるライブ・ツアー「ワンマンオーケストラツアー」をはじめ、精力的且つワールドワイドに演奏活動を展開する神保彰の世界を、2枚の新作で堪能できるはずだ。

2014年1月8日発売
『Crossover The World』
KICJ-660/\3,000(税込)<キング/ELECTRIC BIRD>
1) Crossover The World
2) Time To Shine
3) Stompin’ Boogie (feat. Michael Landau)
4) Love And Light
5) Jimbound
6) Tokyo Amigos
7) In The Memory
8) Hip Star
9) G Jam Blues (feat. Michael Landau)

『JIMBO de COVER3』
KICJ-661/\3,000(税込)<キング/ELECTRIC BIRD>
01) ルパン三世のテーマ
02) ブラック・ドッグ
03) カム・トゥゲザー
04) 交響曲第5番「運命」
05) コーヒー・ルンバ
06) セプテンバー
07) マシュ・ケ・ナーダ
08) マイ・シャローナ
09) 明日に架ける橋
●Bonus Tracks
10) セット・ゼム・フリー(『となりの関くん』エンディング・テーマ)
11) セット・ゼム・フリー(『となりの関くん』エンディング・テーマ(TVサイズ)デスクトップドラムVer.)

◆神保彰アーティストページ
◆アニメ「となりの関くん」公式HP

この記事をツイート

この記事の関連情報