オールマンから、デレク・トラックス&ウォーレン・ヘインズ脱退

ツイート

オールマン・ブラザーズ・バンドからデレク・トラックス(G)とウォーレン・ヘインズ(Vo、G)の2人が2014年いっぱいで脱退することが米時間1月8日に発表され、以下のとおり二人による決意表明が発表された。

◆オールマン・ブラザーズ・バンド画像

「各々25年(ウォーレン)、15年(デレク)という歳月を、オールマン・ブラザーズ・バンドという伝説のロック・バンドの一員としてともに演奏し、生き、学び、そして旅をしたことは我々にとってこの上ない栄誉であり喜びでした。そしてこれからも私たちは偉大なるバンドのメンバーであったこと、かけがえのないファンの皆さまが温かな愛情と熱気で支えてくださったことに、感謝し続けるでしょう。私たち2人は、よりディープな創作活動にまい進し、音楽的探求を究めるため、2014年をもってオールマンの活動に終止符を打つことになりました。1月10日アトランタ、3月にはオールマン結成45周年記念コンサートをニューヨークのビーコン・シアターでやるので皆さまにお会いするのを楽しみにしています。」──ウォーレン・ヘインズ&デレク・トラックス

今後それぞれの道を歩みながらアーティストとしてさらなる高みを目指していくというふたりだが、デレク・トラックスは愛妻スーザン・テデスキとタッグを組んだテデスキ・トラックス・バンドを中心にソロでも活動中だ。テデスキ・トラックス・バンドは2月6日から最新アルバム『メイド・アップ・マインド』を引っ提げた2年ぶりの日本公演を行うが、このツアーには盟友ドイル・ブラムホールIIがゲスト参加することも発表されている。2006年にエリック・クラプトンのバンドとして来日したデレクとドイルの二人が再び同じステージでプレイすることになる。

ウォーレン・ヘインズ率いるガヴァメント・ミュール(Gov't Mule)は、2014年4月に来日公演をビルボードライブにて開催する。4月1、2、6日が東京、4日が大阪というスケジュールだ。

なお、オールマン・ブラザーズ・バンドは2014年3月から結成45周年ライヴを行うが、2月26日にはCD『プレイ・オールナイト~ライヴ・アット・ザ・ビーコン・シアター 1992』とDVD『ライヴ・アット・ザ・グレイト・ウッズ』の日本国内盤が発売となる。

CD『プレイ・オールナイト~ライヴ・アット・ザ・ビーコン・シアター 1992』は、45周年ライヴが行われるバンドの聖地、ビーコン・シアターでの最初期ライヴ音源を収めたものだ。“ビーコン・シアター”はアメリカの国家歴史登録財に認定されているN.Yブロードウェイの由緒ある劇場で、ここで10日間公演を行うことが、22年もの間バンドとファンにとって毎年恒例のビッグ・イベントなっている。1992年は彼らが初めてこの会場でロングラン公演を行なった年であり、脱退するウォーレン・ヘインズを迎えたばかりの大きな節目のタイミングでもあった。

DVD『ライヴ・アット・グレイト・ウッズ』は、ウォーレン・ヘインズ、アレン・ウッディ(B)が加入した2度目の再結成から間もない1991年に行われた、マサチューセッツのグレイト・ウッズ・アンフィシアターのライヴ映像をオリジナル長尺版で初DVD化したものだ。1992年にVHSビデオで商品化されたものと同じ「オリジナル長尺版」(約90分)での初DVD化となる。1998年に同名商品としてDVD化(輸入盤のみ)された際には、テレビ放送用の編集版(55分)で大幅に収録分数が短縮されており、インタビューがライヴの途中で挿入されたり、「ジェシカ」がまるまるカットされたり、楽曲がフルで収録されていないなど、ファンの不評を買ったものだったため、ファンの長年の要望に応える形で、オリジナル編集版映像が22年ぶりに登場することになる。

<テデスキ・トラックス・バンド公演>
2月6日(木)東京・渋谷公会堂(SOLD OUT)
2月7日(金)名古屋・ダイアモンドホール
2月9日(日)大阪・あましんアルカイックホール
2月10日(月)東京・SHIBUYA-AX(残僅)
2月11日(火)昭和女子大学人見記念講堂(追加公演)
http://udo.jp
http://www.udo.jp/Artists/TTB/index.html

オールマン・ブラザーズ・バンド
CD『プレイ・オールナイト~ライヴ・アット・ザ・ビーコン・シアター 1992』
DVD『ライヴ・アット・グレイト・ウッズ』
2月26日発売
CD:¥3,200(税抜)
DVD:¥3,800(税抜)

テデスキ・トラックス・バンド『メイド・アップ・マインド』
※ボーナストラック1曲収録 SICP-3873 \2,400(税抜)


◆オールマン・ブラザーズ・バンド・オフィシャルサイト
◆テデスキ・トラックス・バンド・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報