Honey L Days、剛力彩芽主演映画『L・DK』主題歌「君色デイズ」は4月16日リリース

ツイート

Honey L Daysのメジャーデビュー5周年を記念したワンマンライブツアー<Welcome to ハニエルワールド!>のファイナル公演が1月19日に下北沢GARDENで開催され、9枚目のシングル「君色デイズ」を4月16日にリリースすることが発表された。

◆<Welcome to ハニエルワールド!>ファイナル公演画像

タイトル曲「君色デイズ」は、剛力彩芽がロングヘア姿を披露していることなどでも話題の初主演映画『L・DK』(4月12日公開)主題歌。渡辺あゆが手掛ける原作は、2009年から講談社『別冊フレンド』にて連載中。単行本発行部数は累計340万部を突破するなど、女子中高生を中心に絶大な支持を集めている。

そのピュアなストーリーを彩るべく、「君色デイズ」は、それぞれの世代が共感や親しみや懐かしさを覚えるハートフルな楽曲に創りあげられており、この日のライブでも笑顔で手をたたきながら会場が一体となる光景が、温かな印象を残した。

なお、Honey L Daysは映画『L・DK』の宣伝大使に就任することも発表されており、公開日まで全国各所で「君色デイズ」を歌唱しながら、PRイベントを行なっていく予定だ。

そして本ツアーのアンコールで初披露された新曲「The way of my life」が、「君色デイズ」のカップリングとして収録されること、さらに眞木大輔(EXILE)の主演映画『俺たちの明日』(4月5日公開)の挿入歌に起用されることもメンバーの口から発表。ファンからは大きな歓声が上がった。

「The way of my life」は、映画『俺たちの明日』の音楽監修を務め、作品を熟知したKYOHEIがクライマックスシーンをイメージし、作詞、作曲、アレンジを担当。「また新しい形のハニエルのバラードが仕上がりました。僕たちのシンプルでストレートな想いをのせています。」というKYOHEIの言葉そのままに、繊細かつ壮大な二人のハーモニーが耳を惹きつけるミディアムナンバーに仕上がっている。

前作からわずか4ヶ月でシングルをリリースし、2014年はワンマンライブツアーで幕開けと、エネルギーに満ちた活動をみせるHoney L Days。2月28日には東京芸術劇場コンサートホールで行なわれる<夢実現コンサート2014~子どもたちの未来のために~>にゲスト出演し、東京ニューシティ管弦楽団とセッションすることも決定している。


◆BARKSライブレポ
この記事をツイート

この記事の関連情報