デーモン・アルバーン「小象に向けて歌ったら、ウンチされた」

twitterツイート

4月にソロ・アルバム『Everday Robots』をリリースするデーモン・アルバーンが、『Rolling Stone』誌のインタビューでその収録曲やゲスト・ミュージシャンについて語った。

◆デーモン・アルバーン画像

「リチャード(XLレコーディングスの社長でプロデューサーのリチャード・ラッセル)にたくさんの、60かそれ以上の曲を渡したんだ。彼に編集の権限があった。だから、「Mr.Tembo」みたいな曲が入ったんだよ。僕ならレコーディングしようなんて考えなかっただろうね。あれは、子供の誕生日とか“別の目的で作った曲”の1つだったから。この場合、タンザニアのムコマジってとこで出会った象の赤ちゃんのためだった。最近、親を失って空港へ迷い込んだんだ。僕の知り合いが保護して“Mr.Tembo”って呼んでいた。すごく可愛かったよ。彼に向けて歌ったのを携帯で録音したんだ。楽しいひと時だった。それをリチャードへ渡すリストに入れたら“やってみて欲しいな”って言われたから、そうしたんだ」

「実はさ、象に向かって歌っているとき、彼、ウンチしたんだよね。ミルク飲んでたから、赤ちゃん象の白いウンチだった。想像できる? 近距離だったから、あれは見ものだったよ」

デーモンはまた、ゲストに参加したブライアン・イーノについてこう話した。「彼は最後の曲で一節歌っている。近所に住んでて、以前、同じジムに通っていた。でも、彼はいつだって僕より面白いものをやっていたよ。僕が退屈なランニングマシーンで、彼は水中エアロビクスのクラスだ。いかにもイーノだよ」

デーモン・アルバーンの1stソロ・アルバム『Everyday Robots』はUKで4月28日、日本で4月30日にリリースされる。

Ako Suzuki, London



デーモン・アルバーン『エヴリデイ・ロボッツ』
2014年4月30日発売
1.Everyday Robots / エヴリデイ・ロボッツ
2.Hostiles / ホスタイルズ
3.Lonely Press Play / ロンリー・プレス・プレイ
4.Mr Tembo / ミスター・テンボ
5.Parakeet / パラキート
6.The Selfish Giant / ザ・セルフィッシュ・ジャイアント
7.You And Me / ユー・アンド・ミー
8.Hollow Ponds / ホロウ・ポンズ
9.Seven High / セヴン・ハイ
10.Photographs(You Are Taking Now)/ フォトグラフス(ユー・アー・テイキング・ナウ)
11.The History Of A Cheating Heart / ザ・ヒストリー・オブ・ア・チーティング・ハート
12.Heavy Seas Of Love / ヘヴィ・シーズ・オブ・ラヴ
iTunes Store予約注文(プレオーダー)https://itunes.apple.com/jp/album/id797058027

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報