CODE-V、新メンバー・ウシクとテフンを初お披露目

twitterツイート

2013年12月6日には自身初となる日本武道館ワンマンライブを成功させ、年間 USEN HIT K-POPランキングでも2年連続で1位を獲得するなど、2013年も順調な活躍を見せたCODE-V。彼らに新メンバーが加わり、サプライズで初お披露目された。

2013年末をもって4人中、3人のメンバー(サンウ、ルイ、ナロ)が入隊のため韓国に帰国。一時的に活動を中断することになった。それに先駆け2013年11月より、残るメンバー、ソルとともにCODE-Vとして活動していく新メンバーを選ぶオーディションを開催。CODE-Vのメンバーも「自分達の想いを引き継いでくれるメンバーを!」と直接選考に参加していたが、オーディションの結果、2名が新メンバーとして正式加入することになった。

新メンバーに決定したのはキム・ウシク(22歳)とパク・テフン(16歳)のふたり。1月26日に西江大学メリーホールで行なわれたCODE-V初の韓国でのファンミーティングのステージ上で発表された。

トークイベント中にソルからサプライズ的に発表されると、そのままウシクとテフンがステージへ登場。CODE-Vのメンバー6人が同じステージに立つ貴重な場面となった。そして6人全員でアカペラ曲「Song for you」、「I'm yours」を披露。緊張を隠せないながらも精一杯歌う新メンバー2人と、その姿を見守りながら強くリードしていた4人の姿が印象的なひとときとなった。

「本当に緊張していましたが、ファンの方達のあたたかい反応に勇気づけられて歌う事ができました。これから頑張ろうという気持ちがますます大きくなりました。」── ウシク

「緊張していたけれどファンの方々の姿を目にして落ち着くことができました。目の前の皆さんはもちろんまだ僕のファンではないけれど、一人でも多くの方に応援してもらえるようにがんばります」── テフン

ほかのK-POPアーティストとは異なり、日本に住み、日本で生活して、日本での活動に主軸を置いているCODE-V。ウシク、テフンの2人は、2月中旬より日本での生活をスタートし、新たな活動に備える予定だ。


◆アジアンアーティスト チャンネル
◆CODE-Vオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報