鈴木慶一、バンドでCDリリース

ツイート

鈴木慶一(ムーンライダーズ)の新バンド「Controversial Spark」(コントラバーシャル・スパーク)による自身初のCD音源作品『Controversial Music Spark』が1月28日(火)にリリースされた。

◆Controversial Spark 画像、PV映像

鈴木慶一が結成したControversial Sparkは、元カーネーションの矢部浩志、栗コーダカルテットや図書館の近藤研二、フリーのベーシストとして幅広く演奏活動を展開する岩崎なおみ、元the roomsのkonoreと、20代から60代までの各世代メンバーによって構成されるBetween Generationなバンドだ。資料には「どこか捩じれたポップ感覚あり、POST・POST・POSTニューウェイヴなサウンド」とある。

2013年のデビューEP『Controversial Spark』に続く、自身初のCD音源『Controversial Music Spark』は、録りおろし新曲を3曲収録に加え、デビュー盤『Controversial Spark』アナログEP収録3曲のMONOミックスバージョンを追加した、全6曲入りの構成となっている。

デビュー盤となった500枚限定アナログ7インチe.p.は即完売し、音楽配信サイトototoyの高音質配信チャートでは連続1位を獲得と、バンド結成からまたたく間に各方面から話題をさらったControversial Sparkは、今作発売記念トーク&ミニライブを3月2日(日)にタワーレコード新宿店で開催することも決定している。鈴木慶一を筆頭に、シーン屈指のアーティストが集う新バンドの世界観をぜひ体験しよう。



『Controversial Music Spark』
2014年1月28日(水)発売
XQCG-1903 \1,714+税
1.「in June」 words&music Keiichi Suzuki
2.「Kamonegi」 words konore music Hiroshi Yabe
3.「橋梁」 words konore music Keiichi Suzuki
4.「in May(MONO)」 words&music Keiichi Suzuki
5.「ハイハイ そこの 野に咲く花(MONO)」 words Keiichi Suzuki music Kenji Kondo
6.「夢の晩餐(MONO)」 words konore music Hiroshi Yabe

Controversial Spark メンバー
■鈴木慶一
1970年頃より、数多くのライヴやレコーディングに参加。1972年はちみつぱいを結成。バンドと並行し、ソロとしても数々のステージやレコーディングをこなす。その後、ムーンライダーズを結成し、アルバム『火の玉ボーイ』(76')でデビュー。以後35年間に渡りムーンライダーズは精力的に活動を行うが、2011年末に無期限活動休止した。ソロでは、アルバム『ヘイト船長とラヴ航海士』(08')で第50回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。北野武監督作品『座頭市』(03)で第27回日本アカデミー賞優秀アルバム賞を受賞。その他、CM楽曲の作編曲、映画・ドラマ出演、雑誌への寄稿など。活動は多岐にわたる。最新作は、北野武監督「アウトレイジビヨンド」、白井良明と共に音楽を担当した映画「聖☆おにいさん」など。
■矢部浩志
1986年より2009年まで「カーネーション」に在籍。ムーンライダーズ、THE BEATNIKS、鈴木祥子、高野寛、広末涼子、安藤裕子、キリンジ、他多数アーティストのレコーディング・ライブに参加。2007年よりソロ・プロジェクト「MUSEMENT」を始動、同年に安藤裕子、鈴木祥子、武田カオリ(TICA)をゲストボーカルに迎えたアルバム「Random Access Melody」を発表。現在、次作に向けて新曲を制作中。
■岩崎なおみ
1976年7月31日生。大学の軽音サークルでベースを始め、卒業後、ライブサポートの依頼を受け、以後フリーのベーシストとして様々なアーティストのライブ、レコーディングに参加しつつ、現在に至る。ボーカリストとしての活動も時々。現在 The Uranus のメンバーとしても活動中。
■konore
現在休止中であるthe roomsのボーカル・こうのれいの別名義。2009年11月~2013年1月11日までthe roomsのギターボーカルとして活動した。これまでにデモ、ミニアルバム、配信シングルをそれぞれ自主制作し、2本のミュージックビデオがyoutube公式チャンネルにて公開されている。現在はアコースティックギターとピアノでの弾き語りをメインに、都内でライブを行う。また、福永健人(airezias)とのユニット「超大陸パンゲア」のボーカリストとしても活動中。
■近藤研二
栗コーダカルテッドなどで、幅広く活躍中。作編曲家、演奏家。90年代、hi-posiのメンバーとして活動。2009年『つみきのいえ』で米国第81回アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞。NHK Eテレ『0655』『2355』に書き下ろした曲は、細野晴臣、小泉今日子、伊東ゆかり、笹倉慎介、デーモン閣下などに歌われている。最近の仕事は、『しろくまカフェ』の音楽や、やくしまるえつこ、ももいろクローバーZのアレンジなど。

『Controversial Music Spark』発売記念トーク&ミニライブ
2014年3月2日(日)12:00~
@タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
参加方法
タワーレコード新宿店・渋谷店にて1月29日発売『Controversial Music Spark』をお買い上げいただいた方に先着順で特典(サイン色紙)引き換え券を差し上げます。特典引き換え券をお持ちの方は、ミニライブ終了後に特典引き換え会にご参加いただけます。
※ディスクユニオンオリジナル特典:缶バッジ
http://blog-shinjuku-jp.diskunion.net/Entry/3587/

◆Controversial Spark オフィシャルFacebook
この記事をツイート

この記事の関連情報