【la la larks応援企画】内村友美編

ツイート

la la larksは、内村友美(元School Food Punishment)、江口亮(Stereo Fabrication of Youth、MIM)三井律郎(The Youth、lost in time)、クボタケイスケ(Sads)、ターキー(元Go!Go! 7188)からなるバンドで、2012年に始動した。現在CDを販売せず、ライブを中心に活動している。長いキャリア、メジャーレーベルでの活動、大ヒットアーティストとしてのキャリアを持つメンバーが、現在までマネージメント、レーベル、CDのリリースを念頭に置いて活動をしていないのが非常に特徴的である。

◆la la larks画像

▲la la larks
──メンバーが集まった時から、パーマネントなバンドというビジョンがあったんですか?

内村友美:実は、ボーカルすらも流動的に変わる、くらいの考え方で、音楽集団として集まってくるイメージでした。良い音楽を作る、という目的でそれぞれの時に集まってくるようなものをイメージして江口さんと名前を付けたんです。それでいざ1回目のライブをやった時にすごく楽しくて、これはバンドとしてやりたい、サポートのミュージシャンと思いたくない、というのがありました。このバンドで何か作りたいなと思ったので、このメンバーでバンドを組もうと思ったんです。

──このバンドが今までやっていたバンドと違うところなどありますか?

内村友美:これまでに、自分が飛ばしてしまっていたというか、音楽をやる、バンドをやるっていう上で必要だったはずのゼロから1にする過程を、みんなが教えてくれていると感じてます。バンドとして(たどるべき道筋を順序立てて)ちゃんと積んでいっているし、ちゃんとやろうとしている。前にやっていたバンドの時は、それこそノリで始まって、思い描いた活動イメージを超えて、いろんな人の力もあって、とんとん拍子でたくさんの人に知ってもらえるようになったんですが、自分でいろいろ考えて消化しきれずに突き進んじゃって、大事なところを見失ってたかもしれないと思うところがあって、このバンドではその大切なゼロから1の部分をちゃんとやっている感覚があります。

──いわゆる音楽活動といえば、音源制作、ライブ、とざっくり2つあると思うんですが、la la larksって、音源制作をしていないですよね。バンドをやろうと思うと必ずすぐにとりかかるものだと思うのですが。

▲内村友美
内村友美:当たり前のことを当たり前にしたい、っていうことを最初に言っていて、良い曲ができたので、聴いてほしい。だからライブをやる。それを聴いたお客さんが良いと思ってくれたら、ライブに人が増えたり、結果会場が大きくなる。その人たちが、家でも聴きたいと思ってくれたら、じゃあCDを作りましょうか、という流れになる…。そういう普通の流れを、普通にたどっていきたい、という気持ちがあります。それで最近になって、ライブ会場、ネットでも聴きたい、音源が欲しいという声が増えてきて、「あぁ、ちゃんとした流れのようにできてるな」という確信があります。

──今、バンドを取り巻く環境について、思うところはありますか?

内村友美:かんたんにCDを出すな、って思ったりもします。基本の部分がしっかりしてないのにCDだったり、情報だったりがどんどん発信されていく。それがあって当たり前のことになっていて、なのに「CD売れないじゃないですかー」って言うっていう状況になってますよね。やみくもじゃなくて、ちゃんと考えて一つ一つやっていけば、ちゃんと売れる、と思ってます。ちゃんとしたバンドとしてのプロセスを経ないままポンと大きいところに行ってしまうと、後でしりすぼみになっちゃいますよね。あと、メジャーデビューが目標です!っていう人多いですよね。良い曲書きたい!とか、バンドをよくしたい!っていうんじゃなくて。バンドが良くなっていくプロセスの一つには、あっていいと思うんですけど、私も昔、よくわかっていなかった時には(デビューが目標というような考え方が)そういうのがあったんですけど、経験を積んできて、デビュー、武道館、こういったものは、道の途中にあるものであって、そのためにバンドをやる、っていうことではないと思っています。

──音源を作ってこなかったこともユニークにとらえられがちですが、CDを作ることになった時に、それがクラウドファンディングで作成される、というのもユニークです。これについてはどう思いますか?

内村友美:私がみんなに伝えてきた思い、バンドとしてちゃんとしたことを、ちゃんとひとつずつやっていくこと、それが番組ディレクターさんに伝わって、こういうお話をいただけたんだと思ってます。だから、今回のクラウドファンディングのシステムが、「みんなの(音源化への)声が大きくなったから、CDが作れました」というのが形になるプロジェクトなので、自分が示したいバンドの在り方の通りだなって感じてます。私たちのことを分かってくれた人が、CDを欲しいと思ってくれている、それが具現化されているというのを実感できます。このプロジェクトの成功で、こういう思いが形になるっていうことを伝えたいですね。




取材・文:J-WAVE TOKYO REAL-EYESナビゲーター藤田琢己

la la larks×TOKYO REAL-EYESCDレコーディングプロジェクト
2月15日までサポーター募集中。


◆la la larks×TOKYO REAL-EYESCDレコーディングプロジェクト・オフィシャルサイト
◆「クラウドファンディングCD制作プロジェクト」応援企画特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報