斬新でエレガントなデンマークの新星、クァドロン

ツイート

デンマーク出身のデュオ、クァドロンの新作『アヴァランチ』日本国内盤が2月5日にリリース、同時に海外では既発のデビュー・アルバム『クァドロン』もデジタル配信リリースされた。

◆「ヘイ・ラヴ」PV映像

『アヴァランチ』日本国内盤は、一足先に2013年に海外で発売された『アヴァランチ』に2曲のオリジナル楽曲とリミックスを含めた計4曲のボーナス・トラックを収録したもので、先だってのグラミー賞授賞式でイマジン・ドラゴンズと共演した話題のラッパー、ケンドリック・ラマーも参加している。また、海外では2010年にリリースされたインディーズ・デビュー・アルバム『クァドロン』も、デジタル配信のみで同時発売される。

クァドロンは、楽曲プロデュース/アレンジを手掛けるロビン・ハンニバルとボーカルのココ・Oを擁し、そのエレガントなサウンドで世界中の注目を集めているユニットだ。ライ(RHYE)のメンバーとしての活躍でも知られるロビンは、クァドロンとライの作品が共に海外の主要メディアが選ぶ「2013年のベスト・アルバム」上位にランクインしたことで、次世代のサウンド・プロデューサーとして一目置かれる存在となった。また、ボーカルのココ・Oは2013年公開の映画『華麗なるギャツビー』のサウンド・トラックに、ビヨンセ等と並び“Coco O of Quadron”名義で参加を果たしている。

インディー、メジャーR&B/HIP HOPシーンの台風の目と賞されるクァドロンだが、著名なミュージシャンたちのラヴ・コールからも、彼らの注目度の高さがうかがえる。

「超イカしたヤツらさ!」――マーク・ロンソン

「ココの声は天使だよ。」――タイラー・ザ・クリエイター(オッド・フューチャー)

「クァドロンには、いい意味で意表を突かれた。ロビンのビートとコード進行が加わったココの情熱的なボーカルは、斬新ながら素晴らしいよ。」――ラファエル・サディーク

「クァドロンの登場で音楽に対する考え方がガラッと変わったけど、それでいいんだ。」――ジ・インターネット(オッド・フューチャー)


『アヴァランチ』
2014年2月5日発売
2,400円(税抜)EICP-1598
※国内盤ボーナス・トラック4曲収録
1.LFT
2.フェイヴァリット・スター
3.ヘイ・ラヴ
4.クラッシュ
5.ビーフレンド
6.ネヴァーランド
7.イッツ・ゴナ・ゲット・ユー
8.ベター・オフ・フィーチャリング・ケンドリック・ラマー
9.シー・ソルト
10.アヴァランチ
11.ベッド
12.サムシング・ザット・ユー・ライク
13.ヘイ・ラヴ(Classixx Remix)
14.ヘイ・ラヴ(Branko Remix)

『クァドロン』
2014年2月5日発売
配信リリース 1,500円
https://itunes.apple.com/jp/album/quadron/id655136576
1.Buster Keaton
2.Slippin
3.Day
4.Jeans
5.Pressure
6.Horse
7.Average Fruit
8.Unpatience
9.Far Cry
10.Tone
11.Simili Life
12.Herfra Hvor Vi Står


◆クァドロン・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報