戸川純の過去6作品、濃密配信

ツイート
ファン感涙のリリースだ。1982年から1987年にかけてアルファレコードから発売されていた戸川純関連のアルバム6作品がiTunes他で配信開始となった。

女王蜂や神聖かまってちゃんら若手バンドとの共演など、現在でも精力的にライブ活動を行う戸川純だが、今にして…今もなおその世界観はワンアンドオンリーの突出した存在である。今回配信となった6タイトルは、戸川純のボーカリストデビュー作で細野晴臣プロデュースのテクノポップ・ユニットであるゲルニカ『改造への躍動』、発売から30年を迎えるセルフプロデュースのソロ1stアルバム『玉姫様』、「戸川純とヤプーズ」名義で当時カセットのみで発売されたライブアルバム『裏玉姫』、高橋幸宏がゲスト参加、「戸川純ユニット」名義で多彩な楽曲を収録した『極東慰安唱歌』、少女趣味的エロスをテーマに、戸川流ラブソングを満載した『好き好き大好き』、そしてアルファレコード時代のベストアルバムでありながら、その大半がニューミックスでアルバム未収録のシングル「レーダーマン/母子受精」なども収録された『東京の野蛮』という、濃密極まりない作品群となる。

2012年には蜷川実花監督の『ヘルタースケルター』に『玉姫様』収録の「蛹化の女」が挿入歌として起用され、2013年はBiSとノイズバンド非常階段のコラボユニット“BiS階段”が「好き好き大好き」をカバーするなど、未だ周辺でのニュースも尽きることはない。

3月31日には新宿LOFTで<JUN TOGAWA BIRTHDAY LIVE 2014>が開催となる。彼女の作品に触れ、その毒にヤラれたら、もう後戻りはできない。会場であいましょう。

●配信タイトル (オリジナル発売日)
ゲルニカ「改造への躍動」(1982年6月21日発売)
戸川純「玉姫様」(1984年1月25日発売)
戸川純とヤプーズ「裏玉姫」(1984年4月25日)
戸川純ユニット「極東慰安唱歌」(1985年3月25日)
戸川純「好き好き大好き」(1985年11月10日)
戸川純「東京の野蛮」(1987年4月25日)


◆戸川純配信オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報