未来形ピアノトリオ・Schroeder-Headz、2ndアルバム『Synesthesia』配信開始

ツイート

ピアニスト・渡辺シュンスケによる未来形ピアノトリオ・Schroeder-Headzの2ndフルアルバム『Synesthesia』が、2月12日に配信を開始した。

ロング・セールスを続け、収録曲「NEWDAYS」もiTunes JAZZシングル・チャートで1位を獲得という結果を残した2010年にリリースのデビューアルバム『NEWDAYS』。そして2ndアルバム『Synesthesia』は、ピアノの白と黒の鍵盤から紡ぎだされカラフルな音世界をイメージ。ジャケットのイラストはASIAN KUNG-FU GENERATION他数多くのアーティストのCDジャケットや赤川次郎、石田衣良、森見登美彦などの書籍カヴァーも手掛ける中村佑介が、漆黒のピアノの中に拡がる色鮮やかな音世界を描いた。

Schroeder-Headzは、3月1日にはジャカルタで開催される世界最大級のジャズフェスティバル、<JAVA JAZZ FESTIVAL>に出演し、ニューアルバムに収録された新曲を日本に先駆けて披露する。


Schroeder-Headz(iTunesが開きます)
この記事をツイート

この記事の関連情報