やしきたかじんの貴重音源見つかる 3月発売追悼盤に収録へ

ツイート

2014年1月に亡くなった、やしきたかじんの幻の音源が発掘され、追悼盤となる『たかじん やっぱ好きやねん − シングル・コレクション −』に収録されることとなった。

◆やしきたかじん 画像

今作はビクターから発売された8枚のシングルタイトル曲、カップリング曲のほぼ全曲に、ボーナストラックに2曲を加えた1枚となり、3月19日に追悼の意を込めて発売される。

収録されるのは、1983年、ビクター移籍第1弾シングル「ラヴ・イズ・オーヴァー」から、「あんた」、「やっぱ好きやねん」、「ICHIZU」、と立て続けにヒットを飛ばしたビクター時代の全てのシングルタイトル曲とそのカップリング曲。そして2010年に、7年振りのレコーディングで話題となり、やしきたかじんのラストレコーディングともなった『OSAKAあかるクラブ』のテーマ曲「その時の空」(作詞:秋元康、作曲:小室哲哉)まで。ボーナストラックには、やしきたかじん最大のヒット曲「東京」他、全18曲が収録されている。

そして、今作で一番注目したいのが、ボーナストラックに収録される、幻の音源「秋冬」(作詞:中山丈二 作曲:堀江童子)だ。この曲は、1980年6月に無名歌手であった中山丈二氏が36歳の若さで逝去し、彼が残した一本のデモテープの中に収められた曲で、親交のあった芸能関係者により自主制作盤としてレコード化され、聴き継がれ、歌い継がれて行った。1983年に橘美喜がカバーしたのをきっかけに「秋冬」ブームが起き、1984年頃にかけて数人の歌手が競作。1984年の『NHK紅白歌合戦』には高田みづえが同曲で出場しているが、その中のひとつに、たかじんさんの歌唱も含まれていた。

やしきたかじん歌唱のこの曲は、今までやしきたかじん名義のEP LPレコードやCDには収録された形跡がなく、今はもう見ることのない8トラ・カセットテープ(VCH−72、1984年2月21日発売)にのみ収録されていたという。どうやら他のアーティストとの「秋冬」競作企画の為だけに録音、収録された音源のようだ。やしきたかじんならではの甘い歌声に、切ない女性の心情を織込んだムードたっぷりの歌唱が、この名曲をさらに引き立てている。

『たかじん やっぱ好きやねん − シングル・コレクション −』
2014年3月19日発売
VICL-64155 ¥2,300(税抜)+消費税
16曲+ボーナス・トラック2曲  合計18曲
収録曲目
1.ラヴ・イズ・オーヴァー
2.ハーバー・ライト
3.あんた
4.愛したあとからメランコリー
5.やっぱ好きやねん
6.Yume Irankane (new remix version)
7.ICHIZU
8.思い出 オン・ザ・ロック
9.未練 ~STILL~
10.カウント・ダウン
11.愛することを学ぶのに
12.順子
13.なめとんか
14.晴れときどきTAKAJIN
15.その時の空
16.大阪恋物語 (new vocal version)
ボーナス・トラック
17.東京
18.秋冬{しゅうとう} (※初CD化)
※ M-15「その時の空」のシングルCDには、「やっぱ好きやねん」と「大阪恋物語」それぞれの(new vocal ver.)が収録されていたが、今作では「やっぱ好きやねん(new vocal ver.)」は割愛。

■配信オリジナル・アルバムの配信予定
『やしきたかじん The Best』
配信開始予定日:2014年3月19日(水)
※配信専用(オリジナル)のアルバムの為、上記CDアルバムとは収録内容が異なります。
※「その時の空」、「秋冬」の2曲を収録予定。

この記事をツイート

この記事の関連情報