WAR-ED、大型タイアップを獲得したデビュー曲が奏でる愛と平和

twitterツイート

関西を中心に活動中の4人組ロックバンドWAR-EDが、3月19日にメジャーデビューシングルをリリースすることが発表となった。

◆WAR-ED 拡大画像

タイトルは「光を探して ~未来の君へ~」。“愛”と“平和”を高らかに奏でる4ピースのデビューシングルは、これからの季節、新たな人生を歩む夢多きすべての若者が共感するポジティブソングに仕上がっているという。なお、同曲は“駿台予備学校2014”CMタイアップを獲得しており、受験生の応援歌としてもますます注目を集めることになりそうだ。

カップリングには彼らの真骨頂ともいえる“メッセージ”が詰め込まれた2曲を収録した。「もう一度考えよう」「生きたくても生きれない生命」と題された楽曲たちは、“世界を変える方法を 間違って行っている人がいる”というドキッとするフレーズや、“平和って何ですか?”とストレートに問いかけてくる歌詞が印象的だ。

WAR-EDは、ボーカルの山下慎司を中心に2010年に結成。その後、幾度かのメンバーチェンジを経て2012年、現メンバーの島津義貴(G)、藤林慶之(B)、島津宗成(Dr)が集結し再始動を果たした。バンド名は“戦争=過去のもの”に由来。これまで数々の“愛”と“平和”の楽曲を生み出し、メッセージを発信してきた。2013年末には地元関西でのワンマンライブがSOLD OUT、そして2014年3月にはデビューを飾るなど、紆余曲折を経て今、輝かしくスタートラインに立つ。

リリースは関西唯一のメジャーレーベルGIZA studioから。4人はデビュー後も関西在住で活動し、全国に音を届けていくとのことだ。

■メジャーデビューシングル
「光を探して ~未来の君へ~」
2014.3.19 Release
GZCA-4139 ¥1,200+TAX
1.光を探して ~未来の君へ~(駿台予備学校2014年CMソング)
作詞/作曲:山下慎司 編曲:安部智樹
2.もう一度考えよう
作詞/作曲:山下慎司 編曲:岡本仁志
3.生きたくても生きれない生命
作詞:山下慎司 作曲/編曲:岡本仁志

■<WAR-ED~Live GARDEN~2014 Spring【光を探して~未来の君へ~】>
2014.03.22(Sat) 大阪・北堀江hillsパン工場
OPEN 17:00 / START 18:00
¥1,000(ドリンク代金別途¥500要)
[問]hillsチケットセンター  06-6110-7111 info@war-ed.com


◆WAR-ED オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス