ソノダバンド、解散

ツイート

ソノダバンドが3月31日(月)に行う<sonodaband Final Live>をもって解散することを発表した。

◆ソノダバンド 画像、PV映像

ソノダバンドは、バイオリンとチェロをフロントに置いた、ボーカルのいないインストゥルメンタルバンドとして、独自の音楽で老若男女問わず全国各地でファンを集めていた。2010年10月にはビクターエンタテインメントよりメジャーデビューし、その後EMI Music Japanへの移籍を経て、自主レーベルC7 Recordsでアルバム『火の玉』を2012年12月12日にリリース、海外でのライブや様々なアーティストとのコラボーレションも積極的に行っていた。

そんな彼らだが、昨年夏頃より自身の活動において、バンドが一丸となれない状況が続き、解散という結論に至ったとのこと。彼らのファイナルライブは2014年3月31日(月)に渋谷Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで行われる。

   ◆   ◆   ◆

応援して下さった方々へ

皆様に支えられて、ここまで活動してきましたソノダバンドですが、3月31日のライブをもって解散することとなりました。

世界で通ずる音楽を作るという気持ちで活動をしてきましたが、昨年夏頃より、メンバー6人が同じ方向を向いてエネルギーを発揮できない状況となっていました。なんとかもう一度一丸となれるよう努力してきましたが、どうしても6人で同じ方向を見ることができず、解散することを決めました。

皆様のご声援に応えられず、申し訳ございません。今後は、それぞれの道を精一杯歩んで行きたいと思います。

3月のファイナルライブでは、感謝の気持ちをこめて全てを出し切ります。皆様のご来場をお待ちしております。これまでのご声援、本当にありがとうございました。

2014年2月19日 ソノダバンド
園田 涼 / 熱田 哲 / 橋本 怜 / 赤股 賢二郎 / 牧瀬 崇之 / 小山田 和正

   ◆   ◆   ◆


<sonodaband Final Live>
2014年3月31日(月)開場18:30 開演19:00
@渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
チケット:\4,500
一般発売日:2014年3月8日(土)10:00~


◆ソノダバンド オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報