映画『ブライアン・ウィルソン ソングライター~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影~』、劇場公開決定

twitterツイート

ブライアン・ウィルソンの半生に迫る映画『ブライアン・ウィルソン ソングライター~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影~』の日本での劇場公開が決定した。

◆映画『ブライアン・ウィルソン ソングライター~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影~』画像

ビーチ・ボーイズの中心人物であり、数々の名曲を生み出してきた不世出のソングライター、ブライアン・ウィルソン。この映画は彼の栄光と苦悩の軌跡を克明に追った、3時間超に及ぶ音楽ドキュメンタリー作品だ。

貴重な秘蔵映像や写真、ビーチ・ボーイズのメンバーをはじめとする関係者へのインタビューが盛り込まれ、音楽史上に残る彼の代表曲と名作アルバムを1960年代の文化や世相を交えながら分析するなど、彼の波乱万丈な半生と卓越した作曲術が明らかになる。

2014年はポール・マッカートニー、ザ・ローリング・ストーンズ、そしてビーチ・ボーイズ等、世代を超えて多大な影響を与えたリビング・レジェンドが続々来日する中、ポップ・ミュージックを語る上でこの孤高の天才の存在を外すことはできない。

映画『ブライアン・ウィルソン ソングライター~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影~』
2014年4月5日(土)よりシネマート六本木にて限定公開
※2014年3月28日(土)29日(日)シネマート心斎橋にて2日間のみ先行限定上映
登場する楽曲の一部:「サーフィン・サファリ」「サーフィン・U.S.A」「ファン・ファン・ファン」「ドント・ウォーリー・ベイビー」「グッド・ヴァイブレーション」、大傑作アルバム『ペット・サウンズ』、そして問題作『スマイル』など。
監督:トム・オーディル
製作:ロブ・ジョンストーン
出演:ブルース・ジョンストン、デイヴィッド・マークス(ビーチ・ボーイズ)、キャロル・ケイ、ハル・ブレイン(レッキング・クルー)、ドミニク・プライア(「スマイル」著者)、ピーター・エイムズ・カーリン(ブライアンの伝記著者)、フレッド・ヴェイル(ビーチ・ボーイズ元マネジャー)、ダニー・ハットン(スリー・ドッグ・ナイト)ほか
2010年/イギリス作品/カラー/ステレオ/ヴィスタサイズ/189分
(c)2012 Chrome Dreams Media,Ltd


◆映画『ブライアン・ウィルソン ソングライター~ザ・ビーチ・ボーイズの光と影~』オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報