カンバック宣言したt.A.T.u.、早くも解散

ツイート

ソチ・オリンピック開会式直前のコンサートでパフォーマンスし、先週、ニュー・シングルを披露すると発表したばかりのt.A.T.uが、早くも解散を表明した。また気が変わる可能性はなきにしもあらずだが、現在のところ「これ以上のコラボは無理」だという。

◆t.A.T.u.パフォーマンス映像

火曜日(2月18日)、Facebookにこんなメッセージが掲載された。「残念ながら、みんなに悪い知らせがあります。スロバキアとチェコでt.A.T.u.のプロモ・ツアーがあるって聞いていたと思います。今日、t.A.T.u.のイベントは全てキャンセルされました。ミンスク、モスクワでのコンサートも含まれます」

「ジュリアと彼女のチームからのレナに対する圧力がひどく、ジュリアとレナのコラボレーションは全て終結されました。t.A.T.u.の美しい歴史における新しい章は、始まる前に終わってしまいました」

レナは「ジュリア・サイドの無作法な言動を懸念し、これ以上のコラボはどうしても不可能だと発表せざる得なくなりました。私について下品で中傷的なコメントを多数しただけでなく、ジュリアから最終通告を突きつけられました。クリエイティヴの方向性に関し、私が全ての面で彼女や彼女のチームに従わないのであれば、私とt.A.T.u.はやらないと言ってきたのです…」と話している。

t.A.T.u.のリユニオンを楽しみにしていたファンには申し訳ないが、「2人の間ではコラボどころかコミュニケーションを取るのも不可能」だという。

t.A.T.u.は先週月曜日(2月10日)、ニュー・シングルを出すと発表したばかりだった。現時点でジュリアからのコメントはなされていない。



Ako Suzuki, London

この記事をツイート

この記事の関連情報