吉田美奈子、9作品全84曲一挙配信

ツイート

吉田美奈子の1975~1983年に発売されたオリジナルアルバム9作品の配信が、iTunes、mora他で開始された。

◆吉田美奈子 画像

吉田美奈子は1969年、当時交流を持った細野晴臣や松本隆などに影響を受けて楽曲制作を始め、間もなくシンガーソングライターとして音楽活動を開始、1973年にアルバム『扉の冬』で本格的デビューを果たす。そして、作家としても数多くの楽曲提供を行ない、これまでにオリジナルアルバム20枚の他、数々の名曲を残してきた。今回配信が開始された音源は、そのクオリティーの高さと奥深い魅力、音楽に対する真摯な姿勢が高い評価を受け続けている吉田美奈子の活動の中で初期から中期にあたる、RCA~アルファレコード在籍時の8年間に残されたオリジナルアルバム9作品全84曲だ。

その各作品の内容を、順を追って紹介しよう。まずは、本人自作楽曲だけでなく大瀧詠一、細野晴臣、山下達郎、佐藤博などの豪華な作家陣が並び、ミュージシャンとしてレコーディングにも参加している2ndアルバム『MINAKO』(75年)。続いて、カバーも含めたライブ作品「MINAKOII」(75年)、2ndアルバム同様に大瀧詠一、山下達郎、佐藤博らの作家陣が参加し、数々のカバーが生まれることになった名曲「夢で逢えたら」収録の『FLAPPER』(76年)、山下達郎との共同プロデュース作『TWILIGHT ZONE』(77年)、アルファ移籍第1弾作品でLA録音の『愛は思うまま』(78年)と初期の名作が並ぶ。

1980年代作品では、初のセルフプロデュース作品『モノクローム』(80年)、そして、山下達郎がHorn&Stringsのアレンジで参加した『モンスター・イン・タウン』(81年)は、“ファンクの女王”と彼女が呼ばれるにいたった作品だ。さらに、マイケル・ブレッカー、デヴィッド・サンボーンのプレイも聴きどころのNY録音盤『ライトゥン・アップ』(82年)、アルファ時代の最終作で六本木ピット・インでLIVE録音、その後にホーンを加えるという方法で制作された『イン・モーション』(83年)から成る計9作品の配信が、このたび一挙に解禁された。

その作品群からは、吉田美奈子がいかに音楽と真摯に向き合い、多くのアーティストの信頼を培ってきたのかが手に取るように伝わるはずだ。クレジットを眺めながら、今となっては大御所アーティストと呼ばれている参加ミュージシャンの演奏に耳を傾けてみるという、マニアックな楽しみ方もあるだろう。

そんな吉田美奈子は、現在も独自のスタンスでライブを中心に精力的に活動中だ。2月20日・21日には目黒ブルース・アレイ・ジャパンで河合代介(H.Org)、村上“ポンタ”秀一(Dr)とのトリオスタイルのステージが、3月12日・13日には六本木 STB139で土方隆行(G)、河合代介(H.Org)、森俊之(Key)、松原秀樹(Ba)、玉田豊夢(Dr)とのバンドスタイルのライブが開催される。今回配信された作品を懐かしむだけでなく、30年以上経っても全く色褪せない強烈なエネルギーが、若いリスナーの耳にもぜひ届いて欲しい。

吉田美奈子 配信タイトル
『MINAKO』(1975年10月25日)
『MINAKO II』(1975年12月20日)
『FLAPPER』(1976年3月25日)
『TWILIGHT ZONE』(1977年3月25日)
『愛は思うまま(LET'S DO IT)』(1978年10月25日)
『モノクローム』(1980年10月21日)
『モンスター・イン・タウン』(1981年11月21日)
『ライトゥン・アップ』(1982年9月21日)
『イン・モーション』(1983年3月25日)
※カッコ内はオリジナル発売日


◆吉田美奈子 オフィシャルサイト
◆<OTONANO> オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス