VERBAL(m-flo)、浜崎あゆみに「ラップしてみませんか?」

twitterツイート

m-floが3月26日にリリースする8枚目のオリジナルアルバム『FUTURE IS WOW』の第一弾ゲストアーティストとして、浜崎あゆみ、SOL(from BIGBANG)、鷲尾伶菜(Flower /E-girls)の参加が発表された。

浜崎あゆみとのコラボは、ayuの最新シングル「Merry-go-round」のサウンドプロデュースをm-floが手がけ、同時期にm-floもアルバム制作中だったことから、VERBALが「ラップしてみませんか?」とayuにオファーしてみたことがきっかけだという。そして実現したコラボ曲「My Way / m-flo + ayumi hamasaki」では、ダンス・ミュージックの最新トレンドのひとつ“トラップ”にのせて、ayuが本格的なラップを初披露している。

2013年に行なわれたVERBALプロデュースの<OTO_MATSURI 2013>で、m-floの名曲「miss you」を披露するなど、以前から親交の深いBIGBANGのSOL。彼との初コラボは、『FUTURE IS WOW』のリードトラック「Go Crazy / m-flo + SOL (from BIGBANG)」。この曲は、m-floの新たなアンセムとなりうるパーティソングで、VERBALは3回ラップの歌詞を変更し、レコーディングし直すほどの力の入れよう。また☆Takuも、DJの際にプレイし、すでに多くの賞賛を浴びている。なお、2月23日のJ-WAVE『TOKIO HOT 100』にて、楽曲が初オンエアされる。

Flowerのメインボーカル・鷲尾伶菜とは、彼女たちのアルバム収録に収録された「let go again」(m-floの名曲「let go」のリメイク)をVERBALがプロデュースした事がきっかけ。鷲尾の透き通った声に魅力を感じたVERBALが参加を打診し、もともとm-floのファンだった鷲尾はこれを快諾。レコーディングはVERBALのスタジオで行なわれたが、なんと30分程度で終了したという。そんな「d.w.m / m-flo + Reina Washio (Flower / E-girls)」は、鷲尾、VERBALに加えて☆Takuもボーカルで競演するJ-POP EDMとなった。

『FUTURE IS WOW』参加ゲストアーティストは、2月20日より4日間連続でm-floオフィシャルサイトにて発表される。また、本作を引っさげたm-floのツアーも決定。2月26日からオフィシャルサイトで先行予約が開始となる。

【ライブ情報】
m-flo TOUR 2014 “FUTURE IS WOW”
5月30日 Zepp DiverCity open18:30 / start19:30
6月13日 Zepp NAMBA open18:30 / start19:30
6月28日 Zepp FUKUOKA open17:30 / start18:30
and more …

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス