アークティック・モンキーズ「スピーチが奇妙だったのは緊張してたから」

twitterツイート

先週(2月19日)開かれた<Brit Awards 2014>で最優秀ブリティッシュ・アルバムと最優秀ブリティッシュ・グループを受賞したアークティック・モンキーズ。その際のフロントマン、アレックス・ターナーのスピーチが「ヘン」「傲慢」などと評されたが、それは全て緊張していたからだという。

◆アークティック・モンキーズ画像

アレックスは、「あのロックンロールだよな? ロックンロールが消え失せることはない。ときどき、冬眠したり沼の中に沈み込むことはある。宇宙には周期性っていう性質があって、その法則に従うよう求められるんだ。でも、いつだってすぐそこで待ち構えている。ぬかるみを抜け、見えない壁をぶち破り、これまで以上にカッコいい姿で戻って来る準備ができている。そう、あのロックンロールだ。消えてしまったように見えるときもある。でも、息絶えることはない。それは誰にもどうしようもできないんだ」と話し、マイクを床に落とした。

アレックスはその後、『Mail On Sunday』紙にこう話した。「俺は人前で無口なほうだ。だから、大勢の前でなにかやるときは、いつもナーバスになる。俺は音楽で知られているのであって、なにを話すかではない。バンドにいると、ああいう場面には慣れていて自信があると思われるけど、それは真実じゃないよ」

<Brit Awards 2014>の受賞式は、日本では完全無料BSテレビ局Dlife(チャンネル番号: BS258)で3月8日(土)24:00から独占放送される。

Ako Suzuki, London



◆アークティック・モンキーズ・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報