ブライアン・イーノ&カール・ハイド『Someday World』登場

twitterツイート

ブライアン・イーノ、そしてアンダーワールドのカール・ハイドによる共演アルバム『Someday World』が4月28日(月)にリリースされることが決定した。

◆ブライアン・イーノ&カール・ハイド 画像

今回のアルバムは、ブライアン・イーノとカール・ハイドがこれまで継続して行なってきたコラボレーションの一環であり、2人が制作した初のアルバム作品となる。そして、イーノのロキシー・ミュージック時代からの盟友アンディ・マッケイ、シェウン・クティ作品をイーノと共にプロデュースしたジョン・レイノルズといった卓越したサポート・ミュージシャンの数々と、共同プロデューサーとして22歳のフレッド・ギブソンが参加している。

「私の知る素晴らしい街の多くは丘の上に築かれており、それらの街は美しい。なぜなら、そこに築かれる建造物には適応という“制約”が課せられるからだ。それらは、基盤となる地質学的条件に沿って造形されなければならない。そして、それにより常に極めて興味深い建造物が生まれることとなる。というのも、それらは整然とした区画にはなり得ず、環境に応じて何らかの変形を強いられるからだ。このアルバムで築き上げた“建造物”は、意図的に不規則で不均整なものに造られている。私は、膨大な数の“原案”を放置したままにしており、何かがそれらに命を吹き込んでくれるのを待っていた。それらを単なる“実験”以上のものにしてくれる何かをね。その“何か”こそ、カール・ハイドだったんだ」――ブライアン・イーノ

「まるで9歳児に戻ったかのような気分さ。自分に与えられた状況を理解する間もなく、録音ボタンが押されていて、そこに自分が吹き込まれていくんだ。やがて、想像を超えるパターンが出来上がっていく。一番の驚きは、二人とも生演奏を基調にした反復音楽、つまりアフロビートが大好きだったということだ。ブライアンが初期のトラックを聴かせてくれた時には、思わず言ってしまったよ。『ああっ、まさにこれは僕の原点だ! ちょっとギターを借りてもいい?』と」――カール・ハイド

そう2人が語る記念すべきアルバムは『Someday World』とタイトルが名付けられ、収録曲9曲が全てイーノとハイドの作曲および歌唱によるものだ。さらに、イーノ自身が担当したアートワークには、ハイドによって撮影された写真が使用されている。

「我々が共有した特別な空間から生まれたものは、驚くほど輝かしく、歓喜溢れるものだった」――ブライアン・イーノ

今作『Someday World』が誕生した喜びを、ブライアン・イーノはさらにそう語る。音楽のみならず、アートの世界でも多大なる影響をもつ2人による初のアルバムは果たしてどんな仕上がりになるのか、全貌が明かされる日を首を長くして待とう。そして、そんな本作は、4月28日に先行リリースされる国内盤(ボーナストラック追加収録+アーティスト本人によるライナーノーツ訳付)と、5月3日にリリースされるデラックス盤(特装パッケージ+4曲入りボーナスディスク+アーティスト本人によるライナーノーツ訳付)、アナログ盤、デジタル・フォーマットでリリースされ、2月26日よりbeatkartとiTunesで予約受付が開始される。

ENO&HYDE『Someday World』
2014年4月28日(月)発売
国内盤(1CD)BRC-414 \2,000+税
※デジパック+16ページ・ブックレット、ボーナストラック追加収録、アーティスト本人による解説付
スペシャル・エディション(2CD)BRWPCD249X \3,000+税
※特装パッケージ(ハードカバー)+スリップケース、4曲入りボーナスディスク、アーティスト本人による解説付
◆beatkart、iTunesにて予約開始
【beatkart】
国内盤(1CD)http://shop.beatink.com/shopdetail/000000001772/
スペシャル・エディション(2CD)http://shop.beatink.com/shopdetail/000000001773/
【iTunes Japan】
http://bit.ly/1o2Dcce
通常盤1CD
1.The Satellites
2.Daddy's Car
3.A Man Wakes Up
4.Witness
5.Strip It Down
6.Mother Of A Dog
7.Who Rings The Bell
8.When I Built This World
9.To Us All
10.Titian Bekh(Bonus Track for Japan)
スペシャル・エディション2CD(ボーナスディスク)
1.Big Band Song
2.Brazil 3
3.Celebration
4.Titian Bekh
Artwork:Brian Eno/ Cover photo:Karl Hyde
Design:Nick Robertson
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報