motsu×DJ KAY、日本の音楽で南米ペルーを熱狂

twitterツイート

motsu×DJ KAYAが2月22日南米ペルーで開催されたジャパンフェス<NATSUMATSURI2014>に出演、2,000人のオーディエンスを熱狂させた。

◆motsu×DJ KAYA画像

元m.o.v.e、現在はALTIMAのメンバーを始めとした多角的な活動を展開しながら、世界各国の様々なイベントを盛り上げ続けているmotsuと、渋谷から数々のムーブメントを仕掛け、クラブシーンのトレンドセッターでありオールラウンドDJ・プロデューサーであるDJ KAYAは、2013年11月にシンガポールで行われた<AFA Singapore 2013>にも参戦していた。motsu×DJ KAYA名義では初めてとなる海外遠征だったが、J-POPやアニメソングとダンスミュージックを融合させ、会場を大いに揺らした。

今回は初となる南米ペルー公演だったが、ジャパンフェスティバルということもあり、さらに新旧ジャンル問わず日本の代表曲を網羅したジャンルレスなセットで会場を熱狂の渦に包みこみ、現地オーディエンスや現地メディア、出演者、スタッフから大きな喝采を浴びることとなった。なお、DJパフォーマンスのみならず、現地のメディア、媒体の数多くの取材や、現地ダンスコンテストでの審査員、日本語教室、ファン交流会、また日系人協会との会談等、現地の人々との交流も存分にはかり、翌日の日系新聞の表紙を飾る等、日本とペルーを繋ぐ架け橋としても多大な貢献を果たすこととなった。

「ペルーでのライブは自身2回目となり、再び呼んで頂いた事への感謝もプレッシャーも両方ありましたが、非常に盛り上がって良かった。motsu×DJ KAYAは、わずか2人で複数のアーティストを呼ぶのと同等もしくはそれ以上の盛り上がりを提供できる自信がある。これからもドンドン海外でのライブをこのパッケージで行って行きたい」──motsu

「今回の公演で、それこそ地球の反対にいるペルーのみんなが、日本文化に興味がある事をまじまじと実感でき、改めてそこで自分自身も日本の素晴らしさを再認識出来ました。日本の音楽で世界の人と繋がり、日本の文化、音楽をこれからもより多くの人に伝えていけたら最高です」──DJ KAYA

motsuは3月26日にALTIMAとしての1st Album『TRYANGLE』のリリース、そしてそれを受ける形にて5月17日(土)名古屋/ell.FITS ALL、5月18日(日)大阪/あべのROCKTOWN、6月8日(日)東京/赤坂BLITZにて初の全国ツアーを予定しており、DJ KAYAは現在プロデュースを手掛けるCTSが2月19日(水)にメジャー1stアルバムをリリースし、iTunes6作連続1位を獲得している。3月27日(木)六本木ニコファーレで開催されるリリースパーティーを始め、数多くのイベント出演も発表されており、2名の動きには更に加速がつきそうだ。


◆ALTIMAオフィシャルサイト
◆motsu(GHETTO BLASTA)オフィシャルサイト
◆DJ KAYAオフィシャルサイト
◆CTSオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報