【インタビュー】アジアのダンスキング・SHOWが日本再始動。チャーミングな日本通である彼の素顔は?

ツイート

■「もう別れましょう」「待ってよ、でも後楽園行きたいじゃん!約束したじゃん!」
っていう、そういう世界観。


――3月12日には台湾ではすでにリリースされているアルバム『Lion Roar 獅子吼』が日本でも発売になりますね。収録曲の中にはSHOWさんが作詞作曲した曲が4曲ありますが、曲はどうやって作ってるんですか?

SHOW:ピアノで。あとパソコン。自宅にレコーディングできる部屋があるから。

――作曲をはじめたのはいつ頃?

SHOW:23歳くらいから。その前にもダンスのパフォーマンス用に曲をアレンジしたりはしてたんだけど。

――いろんなタイプの曲を作るんですね。

SHOW:はい。バラード、R&B、ヒップホップ、悲しい曲……確かに幅広いね。

――2曲目「愛 騙我/Love Liar」はエレクトロR&Bな雰囲気ですね。

SHOW:これは歌詞に注目してほしい。自分のヒストリーから歌詞を描いたから。「昨日、渋谷で他の男といたでしょ?」って、彼氏から聞かれても、女の人って、たとえ本当に別の男と一緒にいても、「いないよ」って言うでしょ? 「i am sorry 我真的没有(本当にウソなどついてないわ)」っていうのは、その時のやりとりを歌詞に書いたんだよ。サビのコーラスは女の子だけっていうのも、ここから女の子の台詞だから。ラブソングの歌詞って、男が悪者になってるのが多くて、女の子を悪く書いてるのが少ないから。これは女の子の浮気について書いてる。

――しかも、実体験……。

SHOW:そう。こうやって、たくさんの男が傷ついているってことを知ってほしくて。男が彼女に浮気をされたときの気持ちを知ってほしい。

――女の子の浮気の曲だけど、メロディもサウンドも美しいですよね。後半にコーラスの上にラップが乗って、ギターのアルペジオが絡んでくるアレンジとか最高です。

SHOW:それは僕のアイデア。イエーッ! サンキュー!!


▲『Lion Roar 獅子吼』【通常盤】
――3曲目「未完成的承諾/Unfinished Promises」は悲しいバラードですが。

SHOW:付き合ってるときって、「次は●●に行こう」とか約束するでしょ? でも、「今度」って言ってるうちに別れてしまって約束が果たせなくなってしまう。そういうことが歌詞になってる。「もう別れましょう」「待ってよ、でも後楽園行きたいじゃん!約束したじゃん!」っていう、そういう世界観。

――言葉がわからなくてもその悲しさ、切なさが歌から伝わりますね。

SHOW:だから音楽は国境を越えるんだよ。

――そうかと思えば「獅子吼/Lion Roars」ではヒップホップなダンスナンバーも作るんですね。

SHOW:芸能人って、純粋に大好きになってファンになる人もいるけど、嫌いって言う人もいるでしょ。ネットでも無責任にいろんなことを書かれたりするし。あと、業界にもいろんな人がいるけど、僕の前では良い顔してても影では悪口を言う人もいる。そういう人たちに対しての歌です。

――それで吼えてるんですね。 

SHOW:うん。静かにっ! うるさいっ!って。でも、大きいことをやろうって人間は、そういう声は気にしない。この曲では、積極的なプラスのイメージを与えたい。

――SHOWくんには夢があるもんね。「自分の夢をあきらめないで!」っていうメッセージを発信するという。

SHOW:そう。だからマイナスな感情は外に出したくない。聞いた人のプラスになるような曲にしました。

――「如果還有如果/What if」は、泣きのあるバラードだけど、お父さんに捧げる曲だとか? どうしてこういう曲を書こうと思ったんですか?

SHOW:僕も大人になって、父との思い出とちゃんと向き合って描けるようになったので。大切な人は、亡くなってから大事にするものではなく、その前から大事にするものだからっていう曲。大切な人って、目の前にいる時はいなくなることを意識しないせいか、大事にしないでしょ。でも、その人が亡くなって初めて、その大切に気付くって人も多いと思う。でも、その時はもう相手に「愛してる」って伝えようと思っても伝えられない。それはすごく悔しいこと。だから、そういう相手が今いるならば、目の前にいる時に大事にしてほしいと思って。僕にとってはお父さんに捧げる曲だけど、この曲を聞いた人は、友達でもいいし、恋人でもいいし、自分にとって大切な人のことを思ってくれたら良いな。

――SHOWくんが作ったこの4曲もそれぞれに個性的だけど、他の収録曲をすごく個性的ですよね。

SHOW:いつもアルバムは、いろんな種類の曲を入れてる。きっと、皆さんもそうだと思いますけど、いつもいろんなジャンルの曲を聞いているだろうし、僕のアルバムにもいろんなジャンルの曲を入れることで、好きなジャンルを見つけて欲しいから。実は、バリエーション豊かな曲が並ますけど、テンポは全部同じなんだよ。ドラムの音色も。でも曲はジャンルが違う。これだけジャンルの幅があると、ドラムの音色をそれぞれ変えてしまうと、バラバラになってしまうから、一枚の作品としてのまとまりを考えて、リズムにはすごくこだわった。昔はこんなこと考えられなかったけど、今作ではいろいろ考えて、こうしたほうが良いと思ったから。そうしたら調和が生まれた。こだわった甲斐があったね。

――なるほど。とてもクレバーに音楽を作ってるんですね。

SHOW:サンキュー! 

――今後の日本の活動はどう考えてますか?

SHOW:日本での活動は僕にとってはゼロからのスタートというイメージなので、とりあえず色んなものをやりたい。音楽に限らず。改めて新人のような気持ちで。よろしくお願いします!

取材・文●大橋美貴子

SHOW(ショウ・ルオ/羅志祥)
ニューアルバム『Lion Roar 獅子吼』
2014年3月12日発売

初回盤(CD+DVD)
PCCA-03999 ¥3,500(本体)+税
*DVDにはアルバムジャケット撮影のメイキング、2月来日時のメイキングを収録予定

通常盤(CD ONLY)
PCCA-04000 ¥3,000(本体)+税

収録曲
1. 愛投羅網 / Fantasy
2. 愛 騙我 / Love Liar
3. 未完的承諾 / Unfinished Promises
4. 惜命命 / You are mine
5. 獅子吼 / Lion Roars
6. 第61分鐘 / The 61th minute
7. 愛我喊出來 / Shout out for love
8. 愛慘了 / Deep Love
9. 想逃 / Run Away
10. 如果還有如果 / What if
11. 舞魂再現 / Dance Soul Returns
12. 我的皇后 / My one and only queen
13. 佔愛為王 / The Love Capturer
14. 愛投羅網-Remix-
15. 愛我喊出來-Remix-
16. 第61分鐘-Remix-

日本再始動シングル「Fantasy」
2014年2月12日発売

初回盤A (CD+DVD)
PCCA-03970  ¥1,800(本体)+税
*DVDには"Fantasy" Music Video収録

初回盤B (CD+DVD)
PCCA-03971 ¥1,800(本体)+税
*DVDには"Fantasy" Music Videoメイキング映像を収録

通常盤 (CD ONLY)
PCCA-70396 ¥1,200(本体)+税


◆SHOW ポニーキャニオン公式サイト
◆SHOW 日本公式サイト
◆SHOW 公式モバイルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報