All You Need is Music、The Clashで盛り上がる! アウトドアでも好きな音楽を楽しめるアクティブスピーカー

ツイート

音楽があり、人生がある。「All You Need is Music 人生は音楽でできている」というテーマのもと、特定の年代やテーマに毎回フォーカスし、その時代に誰もが経験した音楽やアーティスト、そしてその音楽をいまどう楽しめばよいかに言及しているコラムを紹介するこのニュース。今回と次回の2回は、アウトドアに持ち出すのにぴったりなアクティブスピーカーの話題をお届けする。

音楽ファンなら、いつでもどこでも音楽を楽しみたいもの。もちろんアウトドアに出かけるときも例外ではない。そんなときに便利なのが、コンパクトなアクティブスピーカーだ。ウォークマンやスマートフォンに入れた音楽を鳴らせるアクティブスピーカーがあれば、どこででもみんなでお気に入りの音楽を楽しむことができる。

青空の下で気の合う仲間とのバーベキューは、自然と会話も弾む。そんなイベントの最高のスパイスになるのが音楽だ。乾杯に合わせ、低音のパンチも効いていて迫力満点なクラッシュの「I Fought The Law」を流せば、気分も雰囲気も一気にアップするだろう。友人のミュージックプレイヤーを介して、聴いたことはあるけどタイトルは知らなかった楽曲と出会えたりするのも楽しい。お互いの近況を話すなら最新のヒットチャートやお気に入りのアーティストの楽曲を、昔の思い出話をするならその当時流行った音楽を流す。思い出もより鮮明になり、盛り上がる話は尽きないだろう。

「SRS-BTS50」は、そんなアウトドアに持ち出すのにぴったりのアクティブスピーカーだ。本体はコンパクトだから荷物がかさばらないし、外装は手ざわりのいいファブリック素材で、荷物の中に入れても他の物を傷つける心配もない。防滴設計なので、水がかかっても大丈夫。キャンプはもちろん、釣り場に持って行ってもいい。カラーバリエーションも5色、カジュアルでポップなルックスは見た目にも楽しい。キャンプやバーベキューで、これをサッと取り出したら盛り上がることうけあいだ。

Bluetooth接続に対応していて、ワイヤレスで音楽を再生できることもアウトドアに便利なところだ。ケーブルを接続する必要がないので置き場所は自由だし、ケーブルをひっかけてしまう心配もない。しかも、NFCに対応しているので、Bluetoothの初期設定(ペアリング)は、ワンタッチでOK。接続が手間いらずだから、みんながウォークマンやスマートフォンを持ち寄って、自分のお気に入りの曲をみんなに聴かせることができる。アウトドアでも簡単に音楽を共有できるわけだ。もちろんオーディオ入力端子も備えているので、別売のケーブルを使えばBluetoothに対応していない機器の音を鳴らすことも可能だ。キャンプでの食事中などに「SRS-BTS50」がテーブルにあれば、素晴らしいわき役として会話を盛り上げてくれるだろう。

「SRS-BTS50」は、アウトドアに向かう途中から気分を盛り上げてくれる。たとえばクルマの中でみんなに聴かせたい曲があれば、スマートフォンと「SRS-BTS50」を取り出せばいい。ワンタッチで接続できる「SRS-BTS50」なら、カーオーディオに接続するよりはるかに簡単に、すぐにみんなで聴いて楽しめる。そういえばあんな曲もあったなあと、持っていない曲を思い出して聴きたくなっても大丈夫。スマートフォンで音楽配信サイトからダウンロードすれば、その場でみんなで聴くことができる。カーペンターズの「Top Of The World」や、はっぴいえんどの「風をあつめて」のような懐かしい曲も、「SRS-BTS50」があたたかい音色で鳴らしてくれる。ボーカルもくっきり聴こえるから、古い名曲のメロディが本当に素晴らしかったことも改めてよくわかる。そんな曲を聴けば、ポップスを聴き始めたころを思い出して、車中でも話は尽きないだろう。

好きな音楽をアウトドアに持ち出して、みんなで楽しさを共有できるアクティブスピーカー「SRS-BTS50」。その音質や機能などもっと詳しいことが知りたくなったら、以下のリンクからこのコラムを楽しんでみてほしい。

次回は、アウトドアで聴くのにオススメの曲や、みんなが同じいい音で楽しめる「SRS-BTS50」の特別な機能についても紹介する。

アウトドアで楽しみたい曲ランキング
1.Volare/Gipsy Kings
2.I Fought The Law/The Clash
3.Beautiful/G.Love
4.Top Of The World/Carpenters
5.Born To Be Wild/Steppenwolf


◆All You Need is Music
◆BARKSサイト内 All You Need is Musicページ
この記事をツイート

この記事の関連情報