ジョン・レノン、キース・ムーンへの不満を綴った手紙がオークションに

ツイート

スタジオのミキシング・コンソールに小便をしたキース・ムーン(ザ・フー)とハリー・ニルソンへの不満を綴ったジョン・レノンの手紙が今週、オークションにかけられる。

◆手紙画像

これは1970年代初め、レノンがLAのスタジオでアルバム『Rock 'n' Roll』(1975年)のレコーディング・セッションを行っていた際、プロデューサーのフィル・スペクター宛てに書いたもの。冒頭に「おしっこ問題」と記し、「フィル、12時半ごろ会おう! 君はまだ知らないが、コンソールに小便かけたのはハリーとキースだ!ジェリーは僕らを追い出したがっている。少なくとも、キャピタル(・レコード)はそう言っている。なんであれ、彼にはなにか壊れていたらキャピタルへ請求するよう言ってくれ。僕もメイ(・パン)も大人のロック・スターの面倒なんてみてられない」などと綴っている。

オークションは今週金曜日(3月21日)開催。競売人のCooper Owenは4000~6000ポンド(約67万~100万円)の価格がつくのではないかと予想している。

「失われた週末」と呼ばれるこの時期、レノンはヨーコ・オノと別居し、秘書のメイ・パンとLAで生活、ムーンやニルソンと親しくしていた。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報