藤澤ノリマサ、デビュー5周年の軌跡を総ざらいする<藤澤ノリマサ CONCERT TOUR 2013>が初の放送

ツイート

2008年の4月にデビューして以来、“ポップオペラ”の分野を自ら開拓し、その新しく確かなヴォーカル力で聴く者の心をつかんできた藤澤ノリマサ。2013年にデビュー5周年の軌跡を総ざらいするかのように行われた<藤澤ノリマサ CONCERT TOUR 2013>が、WOWOWに初登場する。

◆藤澤ノリマサ~拡大画像~

気持ちの高揚と浄化を促すような高いヴォーカル・スキルのみならず、観客とのハート・ウォーミングなやり取りをも骨子にしてきた彼にとって、2013年のツアーはひとつの節目という手応えを感じるものだったに違いない。振り返ってみての現在心境を、彼はこう語る。

「2013年のツアーは、これまで何回も演奏してきたメンバーと一緒に家族のように行動しました。演奏すればするほど一体感あふれるライヴだったなと思ってます。みんな家族のように一緒に行動をして仲良くなれたなと」

藤澤自身、ピアノによる弾き語りも巧みなのであるが、バンド・アンサンブルの中で引き立つヴォーカルの表現力は格別なものがある。

「公演ごとにサウンドも毎回違い、演奏が歌に寄り添うだけじゃなくて、歌も演奏に寄り添うというか、お互いが会話をしているようなそういう印象が強かった。ツアーが終わる時に“もう10公演やりたいな”と思ってしまいました。特に2013年はデビュー5周年だったので、5年間の総まとめのようなライヴだった、MCに関しては、あまりしゃべりませんでしたけどね(笑)」

クラシック系の楽曲ばかりでなく、ジャズやポップスのスタンダード・ナンバーをカヴァーした2013年のツアーで、彼の“歌うことへの情熱”は再定義されたような気がする。そういえば、アンコールで披露された、藤澤の最新シングル「Hasta La Victoria~『アイーダ』より~」が、WOWOWサッカーのイメージソングとして使われている。スポーツの高揚感と彼のヴォーカルが沸き上がらせる高揚感は、相通じるものがあることを確かめてみてはいかがだろうか? 世界中が注目する一戦であろうクラシコ生中継は、3/24(月)午前4:55からおこなわれる。

そして、春の訪れとともにアクティヴに動き始める藤澤のライヴは、3/30(日)午後4:00から放送である。心情のフォルテシモを感じさせてくれる藤澤ノリマサの歌唱を、ぜひとも耳目に焼き付けてほしい。

●佐伯明

「藤澤ノリマサ CONCERT TOUR 2013」
放送日:3月30日(日)午後4:00  WOWOWライブ
収録日:2013年12月7日
収録場所:東京国際フォーラム ホールC


◆WOWOW特設サイト
この記事をツイート

この記事の関連情報