Chage、「永い一日」をスタジオレコーディングして限定発売

ツイート

Chageが、ニューシングル「永い一日」を4月10日から限定発売する。

「永い一日」は、2012年8月21日から横浜赤レンガ倉庫にて6日間にわたって行なわれたライブイベント<Chageの茶会2012~座・藍燈横濱~>、および、そのアンコールツアーとなった<Chageの茶会2013~座・藍燈横濱~Again>にて披露された新曲であり、横浜を舞台とした約100年にわたる物語というライブのコンセプトにも直結した1曲だ。

同公演にて沢口千恵が朗読した内容を凝縮した、物語性溢れるこの曲は、公演の脚本・構成を手がけた、Chageの盟友であり同期でもある作詞家・松井五郎が詞を担当し、作曲はChage。Aメロあたりは松井が用意した詞にChageが曲をつけ、逆にサビはChageが作ったメロディーに松井が言葉を重ねていくという形で作られたという。ちなみに、<Chageの茶会2013~座・藍燈横濱~Again>を前にした2013年当時、松井五郎はこの曲について「若い時に作った歌は、それなりに若さもあって、輝きもあって、いい作品もたくさんあるんだけど、やっぱり今、ふたり合わせて108歳。煩悩の数になったこの年を迎えてできる作品、できた作品。そんな気がします。」と、コメントしている。

すでにライブ音源としては配信リリースされているこの曲を、同公演にも参加した渡辺等が新たにアレンジし、今回、スタジオレコーディングを実施。服を着替えるように、ライブ音源verとはまた違う魅力をまとった作品に仕上がっているとのこと。

なお、このシングルにはもうひとつ「永い一日~あの日からのラブレター~」というトラックも用意されているようだが、こちらについては今のところ不明。Chageのことなので、きっと“僕達の音楽を愛するあなた達へ”一番最初に伝えてくれることだろう。

シングル「永い一日」は、4月10日から始まる全国31公演の<Chage Fan Meeting Tour 2014>各会場とオフィシャルサイトの通信販売にて期間限定販売となる。

ちなみに余談だが、4月1日にはCHAGE and ASKA Official YouTube Channelもオープン。このチャンネルには、CHAGE and ASKAにとって初めてのミュージックビデオ作品となった「MOON LIGHT BLUES」からのCHAGE and ASKA楽曲、Chageソロ曲、ASKAソロ曲、そしてMULTI MAX楽曲のミュージックビデオが用意されている。

text by ytsuji a.k.a.編集部(つ)


◆CHAGE and ASKA オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報