ロックの殿堂入りするリンダ・ロンシュタット「私はロックンロール・シンガーじゃない」

ツイート

リンダ・ロンシュタットは来週、ロックの殿堂入りをするものの、「自分のことをロックンロール・シンガーだとは思っていない」そうだ。ロンシュタットは、4月10日に開かれるセレモニーへ欠席することを表明している。パーキンソン病を患っており、体調が優れないのが一番の理由だが、もともとそれほど関心があったわけではないようだ。

◆リンダ・ロンシュタット画像

彼女は『Billboard』誌のインタビューでこう話した。「(ロックの殿堂入りは)考えてもいなかった。自分のことをロックンロール・シンガーだとは思っていない。(ロックは)歌っているけど、自分が歌うものの1つってだけだったから。私はいろんなジャンルを歌っているわ。グラミーの候補に挙がったときも行かなかったの。反対してるってわけじゃないのよ。でも、そのためにやってるんじゃないでしょ。賞のためにやってたら、面倒なことになる。悪いことじゃないわ。ただ、私とは関係ないってだけ」

現在のリンダ・ロンシュタットにとって、移動したり旅行するのは簡単なことではなく、「それは本当に必要なときだけにしたい」という。

ロックの殿堂入りのセレモニーでは、イーグルス結成前、リンダ・ロンシュタットのバック・バンドにいたグレン・フライが彼女の功績を紹介。スティーヴィー・ニックス、キャリー・アンダーウッド、エミルー・ハリス、ボニー・レイット、シェリル・クロウが彼女の曲を演奏しその栄誉を称える。

Ako Suzuki, London
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス