アイドリングNEO、2014年に実現したいことに「海外ロケ」「単独公演」「今年中にギネスブック」

twitterツイート

フジテレビ『アイドリング!!!』でアイドリング!!!とのCDガチンコ対決をきっかけに誕生した、10代の女の子で構成される“胸アツハイテンションユニット”アイドリングNEO。彼女たちの2ndシングル「Sakuraホライズン」の発売日である4月2日に、東京・台場のダイバーシティ2Fフェスティバル広場にて発売記念イベントが開催された。

◆2ndシングル「Sakuraホライズン」発売記念イベント 画像

今回のCD発売を記念して、109系の人気ブランド・BACKS(バックス)がプロデュースした衣装に身を包んだアイドリングNEOの7人。ファンへの挨拶と自己紹介を経て、さっそく2ndシングル「Sakuraホライズン」からミニライブはスタートした。

2ndシングル「Sakuraホライズン」は、デビューシングル「mero mero」同様、SPEEDを育てた伊秩弘将がプロデュースを担当している。「卒業」をテーマに、未来に挑戦する気持ち、立ち向かっていく勇気などポジティブな気持ちを歌った曲で、3月にメンバーの伊藤祐奈、後藤郁、関谷真由が高校を、古橋舞悠、佐藤麗奈が中学を卒業しただけに、彼女たちのリアルな想いも重なる。

少し肌寒い天候にもめげず、元気いっぱいに歌い踊る7人。続いて、アイドリング!!!とのガチ対決の思い出を語りつつ、デビューシングル「mero mero」を披露。さらに2ndシングルのカップリンクで、アイドリングNEO初のバラード&ラップに挑戦した「Someday,Somewhere」、同じくカップリングの超ノリノリのナンバー「突進少女」と続き、一時降りかけた雨をも吹き飛ばすパフォーマンスを見せた。

ここで「NEOが2014年に実現したいこと」をファンの皆さんの前で発表。「NEOでオリコン1位をとります!! (伊藤祐奈)」「NEOだけで海外ロケに行きたい。やっぱLAっしょ (古橋舞悠)」「NEOで2度目の単独公演をやりたい (佐藤ミケーラ倭子)」「アイドリング!!!のように、NEOで定期公演をやりたい (関谷真由)」「渋谷とかでゲリラライブをやりたい (後藤郁)」「女性誌に載って、女性ファンを増やしたい (佐藤麗奈)」「7人みんなでできることをやって、今年中にギネスブックに載ります!! (橋本瑠果)」と、それぞれ宣言した。

最後に、もう一度「Sakuraホライズン」を披露。約30分間にわたって、パワフルでハイテンションなミニライブとなった。


◆BARKSアイドル
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス