【インタビュー】Salley、心の琴線に柔らかく触れる美しいメロディ、マニアックなファンをもうならせるギターサウンドが結実した珠玉の1stアルバム『フューシャ』

ツイート

■歌詞うんぬんは別にして、“泣く”は、私の中ではデフォルトというか(笑)
■信じられないぐらい涙腺がゆるい。人が見て「嘘でしょ?」って思うぐらいに


──そのテーマ、アルバム最後の曲「My little girl」にも、通じる気がする。

うらら:そうですね。「My little girl」は、曲は以前からあったらしいんですけど、アルバムの制作が始まるまで聴かせてもらってなくて。やっと聴かせてもらった時に…アルバムの1曲目を「その先の景色を」にして、最後の曲を現代版の「その先の景色を」で終わるようにしようということになった時に、“この曲がいいんじゃないか”ということになって、それから歌詞を書き始めました。でも、ただ単に「先のことはわからないけど、これからもこの道を走り続けていきたい」だと、それは「その先の景色を」でもう言ってるので。それよりも、もう一歩自分っぽい視点で書きたくて、アルバムの終わりにふさわしく、このあとのSalleyはどうなっていくんだろう? というふうに、聴いた人が思う曲にできたらいいなと思って書いてたんです。書きながら、自分でも「プレゼント」と同じことを言ってるなーって、ちょっと思ってたんですけど。

──いや、いいんですよ。同じ少女の顔だけど、年齢は少し上なのかな。こっちの顔のほうがもっとキリッとして、前を向いてる視線を感じるので。

うらら:「その先の景色を」を書いた時の自分に歌うぐらいの感覚でもいいのかな、と思ったんですよね。いろんな迷いもあった結果の歌というか「その先の景色を」を書いた時よりは、もう少し物事が見えている自分が書いた「その先の景色を」という感じです。

──「My little girl」は、サウンドも素晴らしい。フィドルやティン・ホイッスルや、アイリッシュ・トラッドの楽器の音色が、本当に美しいです。

上口:ドラムのスネアのロールで始まって終わるというアイデアが出てきて、ロールが曲の終わりで鳴ってると、壮大な感じも出せたし、余韻も感じる仕上がりになりました。これを聴くだけで“ああ、いいアルバムになったな”って勝手に感じちゃう自分がいて。

──わかります。

上口:ライブとかでは、また変わっていくんだろうなと思いながら。すごく好きな楽曲ですね。

──歌詞について、もうひとつだけ。色のことはさんざん言われたと思うのでもう言いませんけど(笑)。それよりも、「泣く」と「笑う」がとても多いなぁと思ったんですよ。

うらら:ああ~。

──うららさんの感受性の豊かさが、きっとその言葉に出ているんだろうなと。

▲『フューシャ』初回盤
▲『フューシャ』通常盤
うらら:私の感情の触れ幅が大きいというのがある気がします。

──深層心理を分析するつもりはないんだけど(笑)。ただ、感情を表に出すことを肯定してくれているように聞こえるから、励まされる感じがあるんですよね。ずっと聴いてると。

うらら:歌詞うんぬんは別にして、“泣く”は、私の中ではデフォルトというか(笑)。すごい泣き虫なので、怖くても泣くし、うれしくても泣くし、ちょっと懐かしいなと思っただけでも泣くし。信じられないぐらい涙腺がゆるいんです。人が見て「嘘でしょ?」って思うぐらいに。

──そういえば、この前も、子供の童話の話をしていた時に、“思い出しただけで泣きそう”とか言ってましたよね(笑)。

うらら:そうなんです(笑)。思い出しただけで泣けるし、誰かに“マンガのこういうシーンがあって…”って話しながら、もう泣いてるとか、そういうことがよくあって。逆に“笑う”は、無理してでもずっと続けてたいこと、だと思っていて。

──ああ。なるほど。

うらら:嫌なことがあっても笑っていたいし、嫌な出来事を人に話す時も(暗い声で)“こういうことがあってさ…”と言うよりは、“こんなことあってん。めっちゃおもろない?”ぐらいの感じで話したりとか。すごい強がりなんですけど、そうしないと泣いちゃうから。自分の中ではそういうイメージがあります。“泣く”は当たり前で、“笑う”は頑張ってすべきこと、みたいな。

──いいなぁ。うららさんのそういう感性が、歌詞の中にいっぱい詰まってるから、シンプルな言葉でもぐっと来る。

うらら:とはいえ、すごい笑い上戸なんですけどね。箸が転がってもおかしいみたいな。

──いいと思います(笑)。そしてアルバムタイトルは、花の名前でしたっけ。

うらら:はい。フューシャという名前自体は、Salleyという名前を決めた時に、もうひとつ候補として挙がっていた名前で。いろいろ考えた結果、Salleyのほうがいいねということになったんですよ。上口くん的にも言いやすいしみたいな。

──あはは。「フューシャ」は言いにくかった(笑)。

上口:フューシャ…あぶないです。

──自分のバンドの名前、噛みたくないですよね。

うらら:Salleyも何回か噛んでるんですけど(笑)。

上口:フューシャはもっと危ない(笑)。

うらら:その時に放っておかれたフューシャという名前が、やっぱりどこかで…自分たちでも気に入ってはいたんです。どこかで使えたらいいなということで、アルバムタイトルに持ってきたんです。フューシャという名前があって、曲を作りましょうという曲作りの仕方は、初めてでした。今までは曲が先で、そこに歌詞を乗せるという作業だったのが、タイトルを決めてから上口くんが曲を書いて、私がそれをイメージしながら歌詞を乗せるということは。それが私はすごく面白くて、すごくうまくいったなぁと思ってるんです。

──「fuchsia」は本当にいい曲。ノスタルジーがいっぱいの、三拍子の美しいバラード。

うらら:自分でも、いい曲書けたなぁと思います。

──正統派ポップスで、現代のスタンダードとしてのSalley、これからも期待してます。そして4月の初ツアーも。

うらら:いいものにしたいです。初めてのツアーですけど、全部自分たちでちゃんと作りたいねという感じで、今いろいろと考えているので。誰の責任にもせず、自分たちできっちりやりきりたいなと思います。

取材・文●宮本英夫



『フューシャ』
2014.04.09発売
[初回盤]CD+DVD VIZL-649 \3,500+税
[通常盤]VICL-64145 \3,000+税
CD
01.その先の景色を(album mix)
02.Agreed Greed
03.green
04.カラフル
05.リセットの呪文
06.fuchsia
07.赤い靴
08.青い鳥
09.プレゼント
10.愛の言葉(album mix)
11.各駅停車
12.あたしをみつけて
13.My little girl
DVD
Salley Diary 2012~2014
赤い靴(Music Video)
green off shot
green (Music Video)
広島ライブ
interview 2
その先の景色を(Music Video)
Live 赤い靴
Live Down by the Salley Gardens
Live その先の景色を
Live green
あたしをみつけて スチール off shot
あたしをみつけて(Music Video)
アルバムレコーディング off shot

<Salley Live Tour 2014 Spring>
4月18日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(全日10:00-18:00)
4月20日(日) 梅田CLUB QUATTRO
[問]GREENS 06-6882-1224(平日11:00-19:00)
4月26日(土) 恵比寿LIQUIDROOM
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00~19:00)

<フリーライヴ+ジャケットサイン会>
4月9日(水) タワーレコード福岡店
4月12日(土) タワーレコード新宿店
4月13日(日) タワーレコード名古屋PARCO店 西館1Fイベントスペース
4月13日(日) タワーレコード梅田NU茶屋町店

<FM802×FM COCOLO FUNKY MARKETライブステージ>
http://funky802.com/i/s3011
5月3日(祝)万博記念公園自然文化園お祭り広場・下の広場(大阪モノレール・万博記念公園駅下車)
出演:井手綾香/USAGI/桐嶋ノドカ/CREAM/指田郁也/Salley/Suzu/NIKIIE/見田村千晴(50音順)

<SAPPORO MUSIC NAKED presents REAL MUSIC VILLAGE 2014>
http://sapporo-mn.jugem.jp
6月22日(日) 北海道開拓の村(札幌市厚別区厚別町小野幌50-1)
【出演者】 中西圭三、Skoop On Somebody、椎名慶治、ミトカツユキ、小林香織、小高芳太朗(from LUNKHEAD)、吉田山田、磯貝サイモン、Salley、アキオカマサコ、飯濱壮士&池守隼輔(from ame full orchestra)、木箱 全12組
[問]株式会社アールアンドアール TEL : 050-3547-0510


◆Salley オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報