苣木寛之、『十字路のGuitar』完成

twitterツイート

DUDE TONEのセカンド・アルバム『十字路のGuitar』が5月21日にリリースとなる。

◆苣木寛之画像

DUDE TONEは、THE MODSのギタリストでありサウンドプロデューサーを担う苣木寛之のソロプロジェクトである。ゲストミュージシャンに花田裕之を迎え制作された第一弾シングル「BACK ROOM」は、ふたりのギタリストが紡ぎ出すサウンドが話題を呼び、2010年11月にリリースされた1stアルバム『AFTERGLOW』では、THE MODSとはまた違う緩急あふれる側面を見せ、高評価を得ている。

3年半振りとなる『十字路のGuitar』は、P90がマウントされたキレの良い枯れたレスポール・サウンドが激しく切なく楽曲に切り込んでくる。花田裕之、井上富雄、椎野恭一、BUGY CRAXONEに加え、今作には森山達也も参加、THE MODSファンにもDUDE TONEファンにも待ちに待った作品となったようだ。



DUDE TONE 2nd Album『十字路のGuitar』
2014年5月21日発売
RHCA-102 3,000円+税
1. SMOKE FADE AWAY
2. STAGGER
3. LITTLE BLUE
4. LONELY NIGHT BLUES
5. SEEK OUT A LITTLE SILENCE
6. 嘘発見器
7. YOU'LL BE OK
8. VERY VERY SLOW
9. HANGING ON THE TELEPHONE
10. 成層圏までぶっ飛べ
11. 静寂の灯

<DUDE TONE LIVE 2014 “十字路のGuitar”>
6月10日(火)
@下北沢 Garden
出演:Vo.G:苣木寛之、G:花田裕之、B:井上富雄、Dr:椎野恭一

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス