SUPER☆GiRLS、ホノルルハーフマラソン全員完走。溝手るかと荒井玲良は年齢別で優勝&準優勝

twitterツイート

SUPER☆GiRLSが、4月13日(日・ハワイ時間)にハワイのホノルルにて行なわれた、<ホノルルハーフマラソン・ハパルア2014>に出場。メンバー12人全員での完走をはたした。

◆<ホノルルハーフマラソン・ハパルア2014>画像

<ホノルルハーフマラソン・ハパルア2014>の「盛り上げ隊」に就任していたSUPER☆GiRLSは、メンバー12名がハーフマラソンに初挑戦。今回、4632人の一般ランナーと一緒にハワイの美しい景色の中、21.0975kmを走りきった。また全ランナーがスタート直前の緊張の中、2代目リーダー・志村理佳がSUPER☆GiRLS代表として英語で「笑顔で完走しましょう!」とスピーチをし、参加者へエールを送った。

スタート前、初めてのハーフマラソン参加に不安を感じていたメンバーも、いざ走り出すと美しいホノルルの景色に背中を押され、練習以上のスピードでホノルルの街を駆けぬけ、全員が笑顔でゴール。最後のメンバーがゴールした瞬間には、12名全員で抱き合い、ゴールの喜びを爆発させた。

また溝手るかは2時間5分24秒でゴールし、本大会の女子15~19歳の年齢別で優勝。次いで荒井玲良(19)が同カテゴリーにて準優勝と快挙を達成した。

「まさか優勝するとは思わなかったから信じられへんぐらいめちゃめちゃ驚いてます! それにしても嬉しすぎる♪ 19歳の年まであと2回あるから3連覇とか狙えたらいいなぁ…♡」── 溝手るか(オフィシャルブログより)

さらに今回は、ファンツアー「JALパック スペシャル “SUPER☆GiRLS”と一緒に走る!!ホノルルハーフマラソン・ハパルアツアー」も催行され、ハーフマラソン大会前日には、前夜祭パーティーでのミニライブや2ショット撮影会など実施。参加したファンらと共に楽しい時間を過ごした。

参加したファンもSUPER☆GiRLSと一緒にハーフマラソンに挑戦し、お互いに声を掛け励まし合いながらゴールを目指した。参加したファンは「メンバーと一緒に励まし合いながらマラソンを走れて楽しかった。SUPER☆GiRLSの裏話なんかも走りながら聞いちゃいました(笑)」と大満足の様子だった。

そんなSUPER☆GiRLSは、4月26日より全国9カ所18公演の全国キャンペーンを開催する予定だ。


◆BARKSアイドル
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス