ヘイリー、ニュージーランドの歌姫と海上自衛隊の歌姫が感涙の競演

ツイート

他に類を見ない純粋なエンジェル・ヴォイスで感動をリスナーに与えるニュージーランドの歌姫ヘイリー(27歳)が、4月14日、待望の来日公演を東京国際フォーラム ホールCにてスタートさせた。

◆ヘイリー 来日公演~拡大画像~

満員の聴衆の中で行われた初日のコンサートでは、日本でソング・オブ・ザ・イヤーに輝いた彼女の代表曲でもある「アメイジング・グレイス」や世界中で愛される「ユー・レイズ・ミー・アップ」「明日に架ける橋」などの名曲に加え、「蕾」「I Believe」「涙そうそう」、「花は咲く」など日本の名曲も英語詞で披露、その透き通った美しい歌声で来場の聴衆を魅了した。

スペシャル・ゲストに、海上自衛隊東京音楽隊の三宅由佳莉(ソプラノ)、太田紗和子(ピアノ)、岩田有可里(コントラバス)も登場、「翼をください」などを披露した。

後半では「祈り~a prayer」を共演。この曲は当時海上自衛隊東京音楽隊長だった河邊一彦氏が東日本大震災で傷ついた被災者のために作った楽曲で、三宅由佳莉の歌唱により現在多くの人々に愛されている楽曲。もともと三宅由佳莉がヘイリーのファンで、ヘイリーもこの「祈り~a prayer」という楽曲と、そこに込められた想いに共感したことで、先月発売されたヘイリーのベスト・アルバム『アメイジング・グレイス~祈り ヘイリー・グレイテスト・ヒッツ』に三宅との共演で収録されていたが、この度ステージ上での共演となり、2人の美しく澄んだ歌声が会場内に響き渡り、聴衆に大きな感動を与えていた。

演奏直前、二人は顔を見合わせて日本語で互いに「ヨロシクオネガイシマス」「よろしくお願いします」と挨拶、演奏中は感動のあまり三宅の瞳には涙が溢れ、ヘイリーと手を取り合う場面も見られた。

ヘイリーは、アンコールを含め25曲を熱唱、全ての聴衆に癒しを与えコンサートは終了した。

『やすらぎのハッシャバイ』
UCCL-1167 \2,800(tax in)
1.プリティ・リトル・ホース
2.ハッシャバイ・マウンテン(お山の子守歌)
3.ドリーム・ア・リトル・ドリーム
4.スリープ・オン
5.きらきら星
6.ゴー・トゥ・スリープ
7.ブラームスの子守歌
8.グッドナイト・マイ・エンジェル
9.オール・スルー・ザ・ナイト
10.ベイビー・マイン
11.ヒネ・エ・ヒネ(マオリ族の子守歌)
12.ホエン・アット・ナイト
13.ステイ・アウェイク
【日本のみのボーナス・トラック】
14.ゆりかごの歌 [日本語詞歌唱]
15.ねむの木の子守歌(皇后陛下高校時代のお作詞)[日本語詞歌唱]16.明日に架ける橋(NHKスペシャル『緒方貞子 ~戦争が終わらない この世界で~』主題歌)

『アメイジング・グレイス~祈り ヘイリー・グレイテスト・ヒッツ』
1. アメイジング・グレイス
2. ポカレカレ・アナ
3. サマー・レイン
4. アヴェ・マリア
5. プレイヤー~祈り~
6. 青春の光と影
7. スカボロー・フェア
8. カブリエルのオーボエ (映画『ミッション』)
9. 愛のテーマ (映画『ニュー・シネマ・パラダイス』)
10. 涙そうそう (英語詞)
11. 明日に架ける橋
12. 翼をください (英語詞)
13. I believe (英語詞)
14. あすという日が
15. 花は咲く (新録音) (Bonus Tracks)
16. 祈り~a prayer (duet version) (新録音) (Bonus Tracks)

ディスク:2
1. 祈り~a prayer (duet version) (MUSIC VIDEO)
2. 花は咲く (MUSIC VIDEO)


◆ヘイリー オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報