【イベントレポート】℃-ute・鈴木愛理、シンガポールは「チキンライスが美味しかったです!」と即答

ツイート

℃-uteの鈴木愛理が、ソロ10冊目となる写真集『共鳴』をリリース。これを記念した握手会が4月24日に福家書店 新宿サブナード店にて開催された。

◆鈴木愛理 写真集『共鳴』イベント 画像

彼女の20歳の誕生日(4月12日)にリリースされた本作では、初となる全編シンガポールロケを敢行。多民族の文化が入り混じる都市国家・シンガポール。そこに、日本だけではなくアジア圏、ヨーロッパにもファンを持つ℃-uteの鈴木愛理の可憐さ、清楚さ、危うさ、輝きが調和する。

20歳の誕生日ケーキも登場した記者会見では、10冊目の写真集について「今回はシンガポールのほうで撮影をしてきまして、そんなに大人になり過ぎてない、いつもの素顔のカットも、いつもよりも大人っぽいカットも入っていたりというバランスなので、どちらも観ていただけるかなと思います。」とコメント。さらに鈴木愛理といえば美味しいもの。「初シンガポールで美味しいものは?」という質問に「チキンライスが美味しかったです!」と、即答。人差し指を立てて瞳を輝かせる。「ダメなんですよ。写真集の時は食べ過ぎると(お腹が)出ちゃうので、控えなきゃって思うんですけど。やっぱなかなかいけない場所に行けるので、食べちゃいますね。んふふふ。」と、なんとも美味しそうな表情を浮かべながら、撮影時のエピソードを語った。

そんな鈴木愛理のお気に入りの一枚は、というと、純白のシーツの上でのカット。「表紙と同じ衣装なんですけど、自由にしているところを撮ってもらった感じで。衣装は大人っぽいんですけど、やってることはいつもの私っぽいかな、と。」と語る。なお、℃-uteメンバー全員、本写真集をすでに見たそうで「大人っぽいねー」と、感想をくれたという。

「(写真集を)見ていただける方が「100点だね」って言ってもらえたら嬉しいし、20歳だから「200点だね」って言ってもらえたら、もっと嬉しいです。」── 鈴木愛理

ところで20歳の誕生日当日は、というと、前日がお母さんの誕生日だということで、家族から合同でお祝いしてもらったという鈴木愛理。両親からは、ネックレスやピンキーリング、イヤリングなどをプレゼントとしてもらい、母親には、「肩こり専門店まで足を運んで、肩こりが解消される器具をプレゼントしました。」とのこと。そして20歳、大人といえばお酒。というわけで、初のお酒はお父さん(プロゴルファー・鈴木亨)と飲むと決めていたという鈴木。誕生日を迎えてシャンパンを飲んだそうだが、「あまり強くないみたいで、その時は眠くなっちゃいました。あははは。」と、照れ笑いを浮かべる。

また、本イベント前日となる4月23日には、℃-uteメンバーがサプライズでパーティーを開いてくれたということで、「パーティーもしてもらって、焼き肉も食べて、昨日はすごくルンルンって感じでした。」と、再び美味しそうな顔。そしてあらためて「幸せです。」と、呟いていた。

<℃-uteコンサートツアー2014春~℃-uteの本音~>にて魅せる刺激的なパフォーマンスがファンの中で話題となっている℃-uteは、週末4月26日には幕張メッセで行なわれる<ニコニコ超会議3>に参加。また、5月24日には初の台湾公演<℃-ute Cutie Circuit ~First Trip to Taipei~>を開催し、7月にはフランス・パリ郊外で開催される<第15回Japan Expo>に、Berryz工房とともにGUEST OF HONORとして招待されている。℃-uteのGUEST OF HONORは2年連続。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

◆BARKSアイドル
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報