2014年2月に結成8周年記念ライブを大盛況の内に終了させたばかりのALvinoが、9年目第一弾となる全国ツアー<2014 Birthday Limited Live Tour "ALpha Romeo's"~恋する男たちのバースディ~>を4月12日、渋谷duo MUSIC EXCHANGEよりスタートさせた。

◆ALvino 拡大画像

▲翔太(Vocal)
▲KOJI(Guitar)
▲潤(Guitar)
▲清(Support Bass)
▲LEVIN(Support Drums)
このツアーは渋谷duo MUSIC EXCHANGEを皮切りに、北は北海道から南は九州まで全国9ヵ所を廻るもの。ツアーファイナルは5月4日の新宿BLAZEとなる。これからライブに参加する方々のためにもステージの詳細には触れないが、初日ならでは、また“Birthday Limited Live”ならではの内容をレポートしたい。

ツアー初日となる4月12日は、ギタリストKOJIの誕生日でもある。開演前の会場には、ファンからKOJIへ誕生日メッセージなどが書き込めるKOJI特大ポスターが設置されており、それぞれの想いを綴る姿が見受けられた。以前、彼らはライブについて「毎回特別な時間にしたい」という想いで挑んでいると語っていたが、この日はいつにも増してスペシャルな雰囲気が漂っている。

場内が暗転し、オープニングSEが流れると客席の視線が一気に舞台へ向けられた。ツアー開幕、そしてKOJIのバースデイを祝福するために全国から集まったファンの手拍子が次第に高鳴るなか、ギタリストの潤と同じくKOJI姿を現した。2人が挙げた手に呼応するように、会場の温度がさらに上がったことが体感できるほどフロアが熱い。そして、ボーカルの翔太が手拍子を煽ると、まだオープニングナンバー演奏前にもかかわらず、沸点に達したかのような盛り上がりを見せた。

この日の主役KOJIによるカウントが会場に響き、ついにツアーが幕を開けた。潤とKOJIのギターに続いて、サポートドラムのLEVINとサポートベースの清による力強いリズムがフロアを躍動させる……と思いきや、ここでKOJIが慌てて演奏を止めた。

「ごめん! 音出てなかった!! ホントごめん!!!」

ALvino史上初のハプニングに、場内の時が一瞬止まったが、翔太の「もう一回やり直そう!! 今日は本当の意味で特別だな!!」という気の利いたMCに場内からは大歓声が起こった。そして、KOJIが再び大声でカウントを叫ぶとライブがスタート。会場中に広がった笑顔は予期せぬトラブルが引き起こしたものかもしれないが、そのトラブルをまるでスペシャルな演出だったかのような出来事に変えて、ファンとの一体感を築き上げてしまったことにこそ注目したい。ALvino結成から8年間、精力的な活動の中で最も大切に、欠かさず続けてきたのがライブであるという事実をファンは知っている。ALvinoの経験と実績はバンドとしての強さと巧さはもとより、なによりも客席との信頼感を積み上げてきた。そのことが色濃く映し出された光景となった。

オープニングからひとつになった会場には、次々とアップテンポな楽曲が繰り出され、“会いたかった”というファンの気持ちをバンドがしっかりと受け止めていくように序盤から高揚感に溢れたナンバーが続く。その後も“~恋する男達のバースディ~”なるツアーのサブタイトルにふさわしい楽曲が披露されたが、その1曲1曲に全く異なる世界観が表現されるようで、ALvinoというバンドの持つ表現力の豊かさと楽曲の多彩さにはが際限ない。

もちろんプレイヤーとしての個々の技量の高さは圧巻だ。潤、KOJI共に長いキャリアの中で見つけてきた唯一無二の音を響かせながら、その上に翔太の真っすぐな歌声が響き合う。それが歌詞の世界観と相まって一枚の奥行きのある絵画のような景色が心に迫り来るのだ。一瞬にして日常の世界から離れ、様々な風景のなかをALvinoと歩いているようなサウンドマジック。琴線に触れるその生の音は、この夜、幾度となく積み上げられ、彼らが築いてきた偽りのない“特別な時間”をファンとメンバーが共有した。

「今日、ALvinoを観るのが初めてという人 !? おぉ…! ようこそ!!」との翔太のMCでは、ALvinoライブ初参戦の方々へ、会場から拍手が起こる温かな場面も。以前のインタビューでKOJIが、「出来るだけ多くの人にALvinoの音楽に出逢ってもらいたい。ライブで一緒に楽しみたいんです」と語ったことを思い出した。歌や演奏にその時の感情を込めてファンに伝えるという行為が、ALvinoライブ初参加者もコアファンも渾然一体にする。そして、自分の想いを受け止めてくれる歌詞、壮快なビート、胸に染み入るメロディーを受け取った客席は、そのかけがえのない瞬間を身体へ刻み込む。そういった実にピュアな関係性がALvinoのライブにはあるのだ。持てるもの全てを使って、これでもかというくらい生の音楽を響かせる嬉しさを表現するメンバー3人の笑顔に大量の汗が光る頃、本編ラストの演奏曲が終了した。

アンコールでは、“ハッピーバースディ”のコールに応えてKOJIが1人で登場した。そのコールに感謝するように誕生日に会いに来てくれたファンへ向かってKOJIは力強く決意を語った。

「一つ歳を重ねたけど、この歳でしか作れない音楽、弾けないギターを追求し、みんなの元へ届けていくよ」

バースディケーキを持った翔太と潤がステージに登場すると、KOJIへそれぞれが用意した誕生日プレゼントを手渡しするというアットホームな場面も。そしてサプライズはファン協力による企画だ。この日、この会場に集まったみんなが目覚まし時計へメッセージを録音をしてKOJIへプレゼントするという演出が、ツアー初日をより幸福感溢れるものにした。

なお、最後の最後まで温かさと熱気に溢れた“恋する男達のバースディ”では、会場をさらに盛り上げる新曲が初披露されたほか、6月より全国アコースティックツアー<ALvino 2014 Naked Tour "ALphabed"~眠れる森の姫たちへ~>や、新企画イベントワンマンライブシリーズの開催が発表されるなど、勢いを止めない彼ららしい嬉しい知らせも。ツアーファイナルは潤の誕生日でもある5月4日の新宿BLAZEだ。普段見ることができないバースディツアーならではの特別な演出をお楽しみに。

■<2014 Birthday Limited Live Tour"ALpha Romeo's"~恋する男たちのバースディ~>
2014年4月12日(土) 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
2014年4月18日(金) 広島ナミキジャンクション
2014年4月19日(土) 福岡DRUM SON
2014年4月24日(木) 名古屋ハートランドスタジオ
2014年4月25日(金) 大阪OSAKA MUSE
2014年4月29日(火・祝) 宇都宮HEAVENS ROCK VJ-2
2014年4月30日(水) 仙台Park Square
2014年5月02日(金) 札幌COLONY
2014年5月04日(日) 新宿BLAZE
[問]http://alvino.tv/content2/?no=Sefr3N6uSsvHCPCh3wcuS

■ライブイベント<ALvino Adventures in Wonderland Vol.1 "Friday the 13th">
2014年6月13日(金) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
[問]http://alvino.tv/content2/?no=re6uSnFuCsfQSHSGsBsQs

■全国アコースティックツアー<ALvino 2014 Naked Tour "ALphabed"~眠れる森の姫たちへ~>
2014年6月20日(金) 品川チャペル
2014年6月29日(日) 宇都宮悠日カフェ
2014年7月02日(水) 仙台retro BackPage
2014年7月04日(金) 札幌パーティーハウスフィエスタ
2014年7月10日(木) 金沢ミリオンシティ
2014年7月11日(金) 名古屋ハートランドスタジオ
2014年7月15日(火) 神戸VARIT. (対バンイベント)
2014年7月16日(水) 広島JUKE
2014年7月18日(金) 福岡ROOMS
2014年7月21日(月・祝) 新横浜NEW SIDE BEACH!!
2014年7月25日(金) 大阪JANUS
[問]http://alvino.tv/content2/?no=sEvvsNfe3CFtSW3Pst3XS


◆ALvino オフィシャルサイト
◆ALvino オフィシャルYouTubeチャンネル
◆ALvino オフィシャルブログ