THE ポッシボー、悲願の中野サンプラザ公演開催決定。「埋めます。絶対に。絶対に埋めます!」

twitterツイート

THE ポッシボーの全国ツアー<祝 THE ポッシボーJapanツアー2014 ~8年かかりましたわ~>が、4月27日、恵比寿リキッドルームからスタート。初日公演では、メンバー、スタッフ、そしてファンにとって、待ち望んでいた中野サンプラザ公演決定の報告がついに飛び出し、超満員ファンは歓喜の声を挙げた。

◆<祝 THE ポッシボーJapanツアー2014 ~8年かかりましたわ~>初日公演 画像

サブステージも用意され、「なんかすんごい事ができそーだぞーう!」「愛しさを束ねて」の新曲も披露されたこの日のライブ。その発表は、超満員の熱気と激しすぎる魂と魂のぶつかり合いから、メンバーたちも思わずオフマイクで「ヤバイよね」と、口にしていた“ヤバい本編”終了後、アンコール最後のMCにて行なわれた。

「ここでみなさんに、ちょっと、報告があります。THE ポッシボー、今年……中野サンプラザ公演決定しましたー!」

ロビンからの報告があった瞬間、客席は地底の奥底からマグマが押し上げられて大噴火を起こしたかのような、感情を爆発させる大歓声と拍手。そして「サンプラ!」のコールが巻き起こる。「コツコツが大好きなポッシボーが、ついにサンプラザ。まぁ、私からしてみたら、ポッシボーがサンプラやらなくて、誰がやるんだって話なんですけど!」と口にするロビンも、言いながら思わず嬉しさが滲み出ている。

日付は11月16日。半年も先のライブということで、思わず笑いも溢れる客席に、2013年夏の東名阪ツアーでの中野サンプラザ公演をかけたチャレンジ失敗を出しながら「スタッフもメンバーも、ビビってます。」と、素直に話し、「みなさん、力を貸してください。」と頭を下げた5人だった。

THE ポッシボー念願の中野サンプラザ公演。それは、誰しもが待ち望んでいた報告だった。あらためて振り返ると、彼女たちの中野サンプラザへの物語は2012年3月の新宿FACE公演からはじまる(THE ポッシボー奮闘の歴史は、厳密にいうとライブ動員が100人台まで落ち込んだ2011年後半くらいからはじまっているのだが)。同公演にて、ロビンは、THE ポッシボーが空中分解寸前のところまで行っていたことを涙ながらに告白するとともに、どん底からの再起を誓い、グループとしての目標を中野サンプラザ公演と明言する。

そこからポッシボーは、がむしゃらに、プライドも捨てて、自分たちのできることを何でもしようという攻めの活動を展開。ほかのアイドルグループのライブ会場前でビラ配りもしたし、定期的にライブイベントも実施。実力と経験に裏打ちされた熱いライブは、やがて口コミで広がり、着実にファンを獲得。結果、2012年12月の新宿BLAZE単独ライブはチケットがソールドアウトする。なお、この一連の流れは、“V字回復アイドル”のフレーズを彼女たちにもたらすことになる。

勝負の年となった2013年。3月30日の新宿BLAZE公演では、夢の中野サンプラザ公演をかけて、横浜BLITZへの凱旋公演(ポッシボーの初単独公演の会場が横浜BLITZだった)を含めた東名阪ツアーの開催が発表された。同ツアーで中野サンプラザの最大動員数2222人を超えることができれば、中野サンプラザ公演実現、というチャンス。「横浜BLITZを埋めて、ここにいるみんなと見たい、中野サンプラザでの景色がある。」というロビンのスピーチ、そして夢物語だった中野サンプラザが、手を伸ばせば届きそうなところまできていることをリアルに感じた瞬間。そしてこのリアルは、運命の東名阪ツアー初日となった8月11日、横浜BLITZ凱旋公演でさらに確実なものになっていく。“アイドルのライブらしくない”圧倒的な空気感で会場を飲み込んだ彼女たち。中野サンプラザへのドラマは、誰の目から見ても、感動のフィナーレを待つのみ、といった状況だった。

ところが、同ツアー最終日の大阪・americamura FANJ twice。おそらく多くのファンが予想していなかった結末を迎えることになる。最終発表された本ツアーの総動員数は、2222人に27人足りない2195人。つまり、まさかの中野サンプラザ公演実現ならず。この報告直後に披露された「電光石火Baby!」は、メンバーもファンも悔し涙に濡れての絶唱となった。

そんな彼女たちだったが、一方で、この年にリリースされたシングルは「全力バンザーイ!My Glory!」がウィークリー7位、「乙女! Be Ambitious!」が5位と、着実にランクアップ。また手島いさむの招きもあり、ユニコーンの日本武道館公演<「手島いさむ50祭 ワシモ半世紀」in日本武道館>にも出演。さらにNACK5のカウントダウン番組『~IDOL SHOWCASE~ i-BAN!!』では、ももいろクローバーZ、モーニング娘。'14(当時はモーニング娘。)に続くランキング1位を10週獲得(V10達成)と、勢いはますます増すばかり。秋に行なわれた東名阪ツアー<東名阪ライブツアー2013秋~Doする?????~>では、「私、まだ……サンプラ(中野サンプラザ公演)諦めてないので」と、引き続き、中野サンプラザを目指すことを宣言。翌2014年1月の単独公演では、8年目にして初となる本格的な全国ツアー<祝 THE ポッシボーJapanツアー2014~8年かかりましたわ~>が行なわれることを発表した。

そして2014年4月27日、迎えた全国ツアー初日。5人から発表されたのは、ツアーファイナルとして中野サンプラザ公演の開催決定。しかし、歓喜に沸く超満員のファンを前に、ロビンは込み上げてくる別の感情を押し殺すように、声を震わせながら、こう語った。

「ほんとに、この中野サンプラザやろうか、すっごい悩んだんですよ。今のポッシボーには早いなって客観的に見て思うし。そんな中、たくさんのアイドルがどんどん先に行っちゃうじゃないですか。でしょ? だから、なんだろな。なんか、その、風男塾さんが中野サンプラザ成功したり、アップアップガールズ(仮)も中野サンプラザほぼ即完し、スマイレージは武道館。ポッシボーもついて行かなくちゃなって思ったし。でもほんとに、なんだろ。8年かかったけど、全国ツアーできてるし。今日、初日を迎えて。ツアーの最後が中野サンプラザって、こう、たくさんのスタッフさんが動いてくれて、用意してくれた舞台。あとは、この5人がどれだけ頑張れるかだと思っているんですよ。だから、この半年間は、もうほんとに、明後日(の新潟公演)から手売りでチケットを売りまくって、売りまくって、伝説的なライブして、全国で話題かっさらって、今使えるアイディアとか全部出して、全戦闘能力使って、(客席)埋めます。絶対に。絶対に埋めます! それでも埋まんなかったら……ポッシボー解散かな。(会場から大きな「エー!」の声と、「や、ダメでしょ(笑)」「リーダー弱気だよ!」「埋めるんでしょ!」の激が飛ぶ) その覚悟で、この半年はがむしゃらにもっと、音楽に真剣に取り組んで。こんなチャンス、人生に何回もないことはわかってるので、絶対に、埋めたいと思います。みなさん、力を貸してください。よろしくお願いします。」

そう、この<JAPANツアー>は、THE ポッシボーの中野サンプラザへ向けた物語がハッピーエンドの最終章を迎えるか否かの、最大にして最後の分岐点。

一時は本気でやめようとした彼女たちが、再び掲げた遠すぎる夢。「頑張れッ!」と背中を押してくれたひとりひとりの声援を頼りに、それだけを信じて、がむしゃらに、もがき、闘い続けた日々。そして、そんな彼女たちと一緒に走り続けた仲間たち。みんなが想い描いていたのは、いつの日か、客席を埋めた2222人の仲間たちと感情を一気に爆発させる全力でのバンザイ。あの大きな空間を包み込む大合唱。想像しただけで身震いしそうになるような、そんな光景。

THE ポッシボー、これからが正念場。“みんなと見たい、中野サンプラザでの景色”まで、もう少し。あと少し。


text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

【『祝 THE ポッシボーJapanツアー2014~8年かかりましたわ~』日程】
4月27日(日)16:00開場/17:00開演 東京・恵比寿LIQUIDROOM
4月29日(火・祝)16:30開場/17:00開演 新潟・Live Hall GOLDENPIGS REDSTAGE
5月3日(土)16:30開場/17:00開演 広島・CAVE・BE
5月5日(月・祝)16:30開場/17:00開演 熊本・DRUM Be・9 V1
5月6日(火・祝)16:30開場/17:00開演 福岡・DRUM Be-1
5月10日(土)16:30開場/17:00開演 兵庫・Kobe SLOPE
5月11日(日)(1)13:30開場/14:00開演 (2)17:30開場/18:00開演 愛知・JAMMIN'伏見
5月17日(土)16:30開場/17:00開演 秋田・秋田club SWINDLE
5月18日(日)16:30開場/17:00開演 栃木・HEAVEN'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2
5月24日(土)16:30開場/17:00開演 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
5月25日(日)(1)13:30開場/14:00開演 (2)17:30開場/18:00開演 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
5月31日(土)16:30開場/17:00開演 福井・福井CHOP
6月 1日(日)(1)13:30開場/14:00開演 (2)17:30開場/18:00開演 大阪・江坂MUSE
6月 7日(土)16:00開場/16:30開演 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
6月 8日(日)16:30開場/17:00開演 宮城・仙台darwin
6月15日(日)16:30開場/17:00開演 長野・長野ライブハウスJ
6月21日(土)16:30開場/17:00開演 静岡・LiveHouse 浜松窓枠
6月22日(日)16:30開場/17:00開演 岐阜・岐阜クラブG
6月28日(土)16:30開場/17:00開演 愛媛・松山サロンキティ
6月29日(日)16:30開場/17:00開演 香川・高松MONSTER


◆THE ポッシボー チケット情報
◆BARKSアイドル
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス