【インタビュー】分島花音、疾走感があって閉塞感もあるような、アップテンポなバトル曲「killy killy JOKER」

ツイート

TVアニメ『selector Intected WIXOSS』のオープニングテーマとなる今作「killy killy JOKER」は、分島花音いわく、“疾走感があって閉塞感もあるような、アップテンポなバトル曲”に仕上がったと言う。それは、分島花音の本質とはまた違う、まったく別の見せ方と言ってもいいだろう。TVアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』のエンディングテーマとして作られた前シングル「signal」は、アニメのイメージを先行させるため、分島の個性でもあるチェロの音色を敢えて控えめにしたというが、今作は逆に弦にウェイトを置いた作品になっている。ここに込めた彼女の想いを訊いてみた。

◆分島花音~拡大画像~

■作っていく段階でストリングスが鳴ってるイメージがあったので
■どうせなら前面に押し出してメインに持っていこうと思って


▲初回限定盤
──前作、「signal」のインタビューの時に、すでに手掛けていたという、今回のシングルの表題曲「killy killy JOKER」は、“疾走感があって閉塞感もあるような、アップテンポなバトル曲”という先方のリクエストを受けて作られた楽曲だったと言っていたけど。

分島花音(以下、分島):はい。まさに“疾走感があって閉塞感もあるような、アップテンポなバトル曲”になったんじゃないかなと思っています。今回は、TVアニメ『selector Intected WIXOSS』のオープニングテーマとして作らせていただいたんですが、自分の作曲曲でアニメーションのオープニングを担当させてもらうのは初めてですごく悩んだんですが、まず、クラッシックの要素はあり、ストリングスを中心としつつも疾走感があって、いわゆる“アニソン”と呼ばれるエッセンスを完全に無視しない楽曲にしていこうと思ったんです。

──なるほど。前作の「signal」は、TVアニメ『ストライク・ザ・ブラッド』の新エンディングテーマになっていたけど、そのときは、アニメのイメージを先行させるため分島花音の個性でもあるチェロを敢えて控えめにしてたよね。

▲初回限定盤(差し替えジャケット)
分島:そうですね。今回はもともと“バリバリなバンドサウンドにしてください”っていう先方のリクエストもなかったので、やっぱりストリングスを前に出したいと思ったんです。サウンド的にも今回はストリングスを前に押し出した方が合うと感じたのもあって、間にチェロをガッツリ聴かせるターンを作って遊びを入れてみました。アニメのイメージによっては、バンドサウンドとかギターサウンドを前面に押し出した方が合うと思った場合は、そっちの方に方向性を持っていったりするんですが、今回は作っていく段階でストリングスが鳴ってるイメージがあったので、どうせなら前面に押し出してメインに持っていこうと思って。

──歌詞の面に関してはどう? 前回は楽曲とは逆に、アニメーションのストーリーだけに寄せたモノではなく、アニメのストーリーを見ながら、自分とリンクする部分をかいつまんで、自分にも置き換えられるような言葉を撰んで書いていったって言ってたけど。

▲通常盤
分島:はい。今回の『selector Intected WIXOSS』は、アニメのオリジナルで、原作が存在する物語なので、曲を作る上で渡された情報がそこまで多くなくて、探りながら作詞をしていく感じだったんです。アニメのシナリオ自体がカードゲームの話で、カードゲームに勝ち続けることで願いが叶って、それを叶えるために女の子たちが闘っていくという、ちょっとシリアスな要素も含んだストーリーだったこともあり、そこに少し怖さを含んでいるんです。

──今回は歌唱法も低音をどっしりと聴かせる奥行きのある花音節全開だもんね。

分島:ありがとうございます(笑)。声質がもともと大人っぽくはないので、今回はなるべく子供っぽくならないように意識して歌いました。楽曲に合わせて、可愛げのある声質ではなく、重々しく歌ったんです。

──迷い混んでいく感をすごく感じる。

分島:嬉しいです。今回は、そんなシリアスな要素を軸に描いていけたらなと思い、何かに迷っていたり翻弄されている部分をメインにしていこうと思ったんです。そこで、カードゲームにかけて、トランプをかけて描いていくことにしました。トランプと言えばアリス(『不思議の国のアリス』)かなと思い、衣装もウサギとディーラー(※トランプの札を配る人のこと)を足してデザインいるんです。『不思議の国のアリス』も異世界に迷い込んでいって理不尽な思いをして……っていう、そんな感じもアニメのストーリーにリンクさせていって、登場人物の女の子たちを異世界に迷い込ませていくというところを意識しながら作詞していきました。

──ということは、PVもそんな感じのストーリーに?

分島:PVは監督さんに完全にお任せしたので、ビューティメインで撮っていただいたんです。背景はシンプルなんですが、カードの裏と表を意識してくださっていて、画面が2つに割れて、動いているモノがそれぞれ違っていたりするという、表裏を思わす画面作りをしてくださっています。

──ジャケットはそのシーンの一場面?

分島:いえ、ジャケットは『TRUMPROOM』とういう場所で、今回は1つのテーマとしてトランプというのがあったので、モチーフとしても合うなっていうことになって実現しました。

──衣装とも相性がバッチリだよね。

分島:ありがとうございます。いつもライヴの衣装を作ってもらっている方にデザインをリクエストして作ってもらったんです。袖のパフスリーブのバランスとかスカートのボリュームとか、すごく自分なりのこだわりを細かく伝えて作っていただきました。

◆インタビュー続きへ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス