Rhythmic Toy World三部作ここに完結!3rd mini Album 『XNADIZM』発売決定

twitterツイート

現在人気急上昇中のギターロックバンドRhythmic Toy Worldが、3rd mini Album『XNADIZM(クシナディズム)』を2014年6月4日(水)にリリースすることを発表した。

◆Rhythmic Toy World 画像

Rhythmic Toy Worldは内田直孝(Vo/Gt)、須藤憲太郎(Ba)、岸明平(Gt)、磯村貴宏(Dr)からなる4人組ロックバンド。
2013年にリリースした1st mini Album『軌道上に不備はなし』では、オリコンインディーズチャート9位、タワーレコード全国デイリーセールス10位など、各種チャートに軒並みランクインし、2nd mini Album『オリンポスノフモトニテ』のリリースツアーのファイナルでは、先行チケットが発売開始20分で完売になるなど、現在その人気は加速の一途を辿っている。

今回リリースされる『XNADIZM』と、今までリリースされてきたmini Albumのタイトルの最初の文字を繋げると「キオク」となる。これは1st mini Albumから繋がれてきたRhythmic Toy Worldの全てを込めた三部作の完結編であることを物語っている。2nd mini Album制作期間中に生み出され、あえて今作のために温めていた全7曲が収録されているとのこと。

過去2作に渡って繰り広げられてきた「下ネタは踊って騒ごうぜシリーズ」の最新作や、ワンマンライブのアンコールで度々披露した即興ラップが楽曲に昇華されたものなど、ファンの期待が広がる楽曲はもちろん、高い楽曲センスが凝縮された彼ららしいダンスナンバーや、ふてぶてしくも繊細に自身の内を絞り出すように歌う内田が印象的なバラードも収録されている。

『XNADIZM』はタワーレコードオンラインショップにて予約受付が開始されている。今後さらに加速するであろう彼らの「今」を凝縮した一枚をぜひ、手に取って聴いてみてほしい。


3rd mini Album
『XNADIZM』
2014年6月4日発売
STR-1032 ¥1,600+税

収録曲
1. 波紋シンドローム
2. s.m.p
3. 五月雨と共に
4. 十六夜クレーター
5. それでも生きるのは
6. エンナ
7. アンチスキルレシピ


◆『XNADIZM』タワーレコードオンラインショップ予約受付ページ
◆Rhythmic Toy World Official Website
◆Rhythmic Toy World Official Facebook
◆Rhythmic Toy World Official Twitter
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス