【インタビュー】LEGO BIG MORL、新作『RAINBOW』と復活、新たな始まりを語る

ツイート

“俺のフレーズ聴いて聴いて!”みたいな主張を感じますよね(笑)
◆聴いとく聴いとく~! みたいな(笑)


――「RAINBOW」の心地よいループ感とは違うループ感だよね。

ヤマモト:ですね。もっとエッジというか。なんかね、ライブをずっとしてなかったから、ライブでやるときのことばっか意識してしまって、とにかくライブでみんなと一緒に盛り上がりたい、頭振りたい! っていう想いが前面に出た1曲になったんです。そういう意味では「Wait?」も同じ感覚で作った1曲でしたね。僕がこういうガッツリした曲を持っていってたこともあって、キンタはパワー感だけではない、「RAINBOW」みたいな至福感溢れる曲を持って来てくれてたので、すごくいいバランスになっていました。

アサカワ:たしかに。そのバランス感は自然と取れてた気がするね。

――この曲はベース音がとことん歪んでいるのも魅力の1つだと思うからね。

ヤマモト:“俺のフレーズ聴いて聴いて!”みたいな主張を感じますよね(笑)。

カナタ:聴いとく聴いとく~! みたいな(笑)。

――あははは。しかし、その歪みと子供のオモチャのグランドピアノ的な高い音との絡みが、すごく印象的でもあったな。

タナカ:イントロのね! あれ、ギターの音なんですよ!

――え!? ギターの音なの!?

カナタ:そうそう。たしかに、子供のオモチャのピアノの音に聴こえるなぁ(笑)! あれね、最初は打込みでやってたんですよ。でも、ふと、“ここらへんで弦弾いたら、そんな音出るんちゃう?”と思って、ギターのヘッド部分の弦を弾いてみたんですよ。発見でしたね(笑)。

タナカ:弦の巻き方によって音色が変わるから、ライブでは毎回きっと音が違うと思いますけどね(笑)。そこも味かなと。

アサカワ:ドラム的には、4つ打ちっていう軸はあるんだけど、この曲が今回の3曲の中で1番難しかった。手は8の打ち方なんだけど、感覚的には裏で叩かないとダメな曲なんで、その感じが結構難しかったんです。間奏部分のタムまわしも、基軸となる4つ打ちを意識しながらのモノだったんで、なかなか苦労しました。大きなチャレンジでもあった1曲でもありましたね。

――なるほど。歌詞は?

タナカ:これも入院中の想いを綴ったモノですね。先が見えない状況の中、光を探し求めてもいるんだけど、こうしている時間に置いて行かれてしまうんじゃないかという心境が、とことん深いところまで沈んでいってしまって、その結果、その絶望という意識を美しいと言ってしまえたというか。むしろ、そう思わないと押しつぶされそうだったというか、やりきれなかったというか。何をモチベーションにしたらいいか解らないときの言葉でもあったと思いますね。

――でも、改めて向き合うと、本当に“絶望は希望より美しい”のかもしれないよね。希望は現実ではない場合もあるけど、絶望って現実だもんね。

タナカ:そうなんですよ。希望って現実味がなかったりするんです。絶望の方がリアルなんですよね。こういう考え方とか歌詞は、今までもなかった訳じゃないんだけど、自ずと説得力が出ちゃったんですよね。

flumpool兄さんですよ(笑)! インディーズ時代に
一緒に頑張ってきたバンドでもありますからね。


――3曲目の「Star+?」は?

タナカ:“Star”を真実ととらえて書いた歌詞なんです。真実を手に入れただけでは、ただそれを知っているだけにすぎないけど、それを知った上で“Startしますか?” という意味での“+”でもあって、そこがダブルミーニングになっているんです。

――その“+”は、聴いてくれた人それぞれの“何か”であると。

タナカ:そうですね。人それぞれに違うと思うので。この歌詞は、事故の前に書いた歌詞でもあったんです。

ヤマモト:そう。裏話をしてしまうと、事故をする前にシングルのリリースの話しがあって、この曲は、シングル曲となるはずだった1曲でもあったんです。

カナタ:原曲は僕なんですけど、“こんな感じでしょ、LEGO BIG MORLって”っていうイメージで書いた曲でしたね。LEGOらしさって何だろう? LEGOっぽさって何だろう? っていろいろと考えていた時期に作った曲でもあったんで、そこを目指して書いた曲ですね。

アサカワ:それもあって、すごく解りやすくLEGO BIG MORLの音が表現されてる1曲だなと思いますね。「RAINBOW」と「絶望は希望よりも美しい」はシンプルですけど、この曲は昔のLEGOらしさが出た1曲にもなってるなぁって、こうして3曲を並べてみると改めて思うんですよね。当初、シングルとしてリリース出来なくなっちゃったのは残念でしたけど、結果、こうしてここで出せたのも、必然だったのかなって思うんです。

カナタ:ほんまにそうやね。なんか、結果すごくいいバランスになったなと。

ヤマモト:そうだね。新たな挑戦も含めたLEGO BIG MORLの音とのバランスも、しっかりと聴き取ってもらえるんじゃないかなと思います。

――そうだね。“ここから”っていう新たなスタートを感じるね。このシングルにしてもそうだし。移籍という環境の変化もあるし。復帰第1弾のライブを一緒にやってくれたflumpoolも、移籍した今や、兄さんになる訳で。

カナタ:あははは。そうですよね。flumpool兄さんですよ(笑)! インディーズ時代一緒に頑張ってきたバンドでもありますからね。ヒロキ(タナカ)の復帰を一緒に祝おうって言ってくれて、一緒にライブをしてくれたときは感動しましたね。

タナカ:個人的に元気(尼川元気)とは吞み友達で、週1、週2で吞んでるんで、特別な感じは特にしていなかったんですけど、久しぶりに一緒にライブをして、改めて“flumpoolの中での元気の役回り”を見たというか、flumpoolの尼川元気であることに感動したんですよね。それもすごくいい刺激になって。改めてバンドを頑張ろうっていう気持ちにさせられましたね。

アサカワ:すごくいい刺激になったよね。

ヤマモト:うん。お互いスタートの仕方も違ったし、違う場所からのスタートになったけど、またこうして一緒に出来たこともすごく嬉しかったし。この先もお互い頑張っていけたらいいなと思いましたね。

タナカ:1年という時間を無駄にしないように、この先もしっかりと頑張っていきたいと思います。

インタビュー&文◎武市尚子


『ニューシングル「RAINBOW」発売記念!LEGO BIG TV Vol.5 ニコ生出張編』
2014年5月1日(木)21:00~
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv177035740

New Single
「RAINBOW」
2014年4月30日発売
AZCS-2034 ¥1,200(tax out)
3曲入りシングル
1.RAINBOW
※アニメ『ブレイドアンドソウル』エンディングテーマ
2.絶望は希望よりも美しい
3.Star+?

<Niigata Rainbow ROCK Market 2014>
5月4日(日) 新潟・新潟市内8会場
<VIVA LA ROCK>
5月5日(月) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
<SUPER BEAVER「361°」Release Tour 2014~周回する、ラクダ~>
5月11日(日)愛知・名古屋CLUB UPSET
<chaqq presents「ヨーイドン!vol.10」>
5月29日(木) 大阪 心斎橋JANUS
<DIRTY OLD MEN Blazing TOUR 2014>
6月22日(日) 宮城 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
<読売テレビ「音楽ノチカラ 3rd LIVE-ITUZAI2014-」>
6月24日(火) 大阪・Zepp Namba
<ネコフェス2014>
6月29日(日) 兵庫 神戸地区


◆ LEGO BIG MORL オフィシャルサイト
◆ LEGO BIG MORL Twitter
◆ LEGO BIG MORL Facebook
◆ LEGO BIG MORL オフィシャルYou Tube
この記事をツイート

この記事の関連情報