クリプシュから、同社伝統のスピーカー「Reference」の名を冠したイヤホン「Reference R6」「Reference R6i」登場

ツイート

フロンティアファクトリーは、米Klipsch Group,Inc社(クリプシュ)のイヤホン「Reference R6」と、Apple製品対応スリー・ボタン・リモコンマイク付きイヤホン「Reference R6i」を5月23日より発売する。

「Reference R6」シリーズのモニター性能と音声および設計技術を提供したのは、クリプシュの伝統的なホームシアター用スピーカー「Reference」シリーズを担当する音響エンジニアリングチームと工業デザイナー。クリプシュは最高のサウンドである「Reference」の名をつけるにふさわしい、伝説のクリプシュサウンドをこのサイズで再現している。

インイヤーモニターは、解剖学的に正確に人間の耳の穴の内側に収まるよう設計された特許取得済みの「Oval Ear Tips」。耳の疲労を軽減するだけでなく、優れた遮音性能と低域のレスポンスのためのすばらしい装着感を提供する。

「Reference R6」は、アルミニウムとエラストマーの素材で構成。洗練されたデザインは、軽量かつ耐久性と快適さを兼ね備えている。デュアルマグネット・ムービングコイルドライバはダイナミックなディテールを持ち、広い周波数範囲をカバーし、驚くほどリアルなサウンドを実現する。

「Reference R6i」は、Apple製品対応のスリーボタン・リモコンマイクを採用。iPhone ユーザーには音楽の再生・停止、先送りや先戻し、音量の調節、マイクを使っての通話や着信時の受話・終話も可能。

いずれもカラーは黒と白の2色をラインナップ。ケーブルはフラットなタイプを採用し、耐久性のアップとともに、もつれにくく、扱いやすくなっている。持ち歩きに便利なキャリングポーチも同梱、いつでも手軽にクリプシュサウンドを持ち歩けるのもポイントだ。

なお、「Reference R6i」は、5月10日(土)、11日(日)に中野サンプラザで開催される「春のヘッドフォン祭2014」で展示が行われる。試聴用機器も用意されるので、気になる方はこちらもチェックを。


<おもな仕様>
デザイン:インイヤー
ドライバ形式:デュアルマグネット・ムービングコイルマイクロスピーカー
ドライバ口径:6.5mm
周波数特性:10Hz - 19kHz
レベル(1mW):110dB
インピーダンス(1kHz):18Ω
遮音性:-22dB
差込プラグ:3.5mm
カラー:Black / White
重量:13.2 グラム(Reference R6)、15.2 グラム(Reference R6i)
リモコン ※「R6i」のみ:Apple 製品対応スリーボタン・リモコンマイク
付属品:Oval Ear Tips(シングルS/M/L)キャリングケース、クリップ ※R6i のみ

◆Reference R6
価格:オープン(市場予想価格 8,400円前後 税別)
◆Reference R6i
価格:オープン(市場予想価格 9,400円前後 税別)
発売日:2014年5月23日


◆Klipsch
◆フロンティアファクトリー
◆春のヘッドフォン祭2014
◆BARKS 楽器チャンネル
この記事をツイート

この記事の関連情報