浅草ジンタ、あの「笑点」に出演

ツイート

バンド結成10周年を迎える浅草ジンタが、「笑点」に出演する。

◆浅草ジンタ「百万光年彼方から」画像

国民的番組「笑点」出演はバンド結成以来の念願だったらしく、めでたく5月18日に出演予定となっている。あの笑点のテーマを浅草ジンタによるアレンジバージョンで演奏するとのことだ。5月14日には笑点のテーマのカバーを含むタワーレコード / 音のヨーロー堂、専売EPをリリースする事も発表となった。

なお放送予定日前日の5月17日には、代官山UNITにてMONGOL800を迎えツーマンLIVEを開催する。沖縄vs浅草という、勝負の行方が全く見えないドリームマッチだ。

浅草を拠点にワールドワイドにLIVEを行うハードマーチングバンド、浅草ジンタは、2013年は日本テレビ系連続ドラマ『ダンダリン 労働基準監督官』で劇中使用曲を全曲担当し、和を感じさせる独特のマーチングサウンドとともに全国的にバンド知名度を上げている状況にある。

ちなみに、浅草ジンタというバンド名は三遊亭小遊三師匠により命名されたもので、ロックバンドとしては唯一、客員会員として落語芸術協会にも所属する異端児だ。音楽シーンにおいてグローカルの先駆けとも言えるそのスタイルは世界でも高く評価され、2013年は<グラストンベリー・フェスティヴァル 2013>にも参加、国内においても<FUJI ROCK FESTIVAL 2013>や<ARABAKI ROCK FEST.13>にも参加を果たしている。

「百万光年彼方から」
2014年5月14日 リリース
KCCD-567 ¥1,200(+税)
※タワーレコード / 音のヨーロー堂 限定
http://tower.jp/item/3571032


◆浅草ジンタ・オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報