エクストリームメタル新時代、レーベル始動

twitterツイート

ワードレコーズが新たなレーベル『ケイオスレインズ』を始動させる。

◆ケイオスレインズ画像

ザ・ローリング・ストーンズ、エアロスミス、ディープ・パープル、エイジアなどのクラシック・ロック作品を多くリリースしてきたワードレコーズだが、新レーベル『ケイオスレインズ』では、過激な音楽性とヴィジュアルで世界的な潮流として注目されるブラック・メタル、スラッシュ・メタル、デス・メタル、グラインドコアなどにターゲットを絞り、ロック音楽の原点である“攻撃性”に立ち返るという。

ケイオスレインズ=Chaos Reignsは“混沌の君臨”を意味する。混迷の21世紀の代弁者であるエクストリームメタルを象徴する語句として、“混沌”は重要なキーワードだ。

新レーベル、「ケイオスレインズ」のリリースは連続する。第1弾は5月14日リリースのキラー・ビー・キルドだ。マックス・カヴァレラ(ソウルフライ/カヴァレラ・コンスピラシー)、グレッグ・プチアート(ディリンジャー・エスケイプ・プラン)ベーシストのトロイ・サンダース(マストドン)、ドラマーのデイヴ・エリッチ(元マーズ・ヴォルタ)が集結したスーパーグループである。続いてメリーランドを代表するデス・グラインド、ミザリー・インデックス、ノルウェー・ブラックメタルの重鎮メイヘム初の日本盤、インテリジェント・モダン・プログレッシヴの旗手アナセマ2年ぶりの新作、スウェーデン・ゴシック・メタルの雄デススターズ、スウェーデンのパワーメタル・ソールジャー、サバトン全75曲6時間に及ぶ3枚組DVD、ギリシャのシンフォニック・デスメタル、セプティックフレッシュの新作、ジャーマン・スラッシャー、タンカードが既に発表されている。さらに7月にはスーサイドサイレンスの新作、そして<ラウドパーク14>に初登場する話題のオーストリアのブラック・デスメタル、ベルフェゴールの来日記念盤も8月にリリース予定だ。

一般店頭商品をはじめ、通信販売限定で直輸入バンドオフィシャルTシャツと最新アルバムがセットで4000円といったバリュープライスで販売される。正規バンドTシャツのみでも4000円近くするので、かなりのお得感だ。

BSフジ5月24日(土)27時から放送される『伊藤政則のロックTV!』は、このレーベルの特集が放送される。キラー・ビー・キルド、ミザリー・インデックス、サバトン、そして<サマーソニック>に出演が決まったソニックが日本のファンへのコメントと伊藤政則の解説とともに紹介される。

5月14日発売
キラー・ビー・キルド『キラー・ビー・キルド』

5月21日発売
ミザリー・インデックス『ザ・キリング・ゴッズ』

6月4日発売
メイヘム『エソテリック・ウォーフェア~密儀戦乱』
アナセマ『ディスタント・サテライツ』
サバトン『スウェディッシュ・エンパイア・ライヴ~ジャパニーズ・エディション』

6月11日発売
デススターズ『ザ・パーフェクト・カルト』

6月18日発売
セプティックフレッシュ『タイタン~巨神の咆哮』
タンカード『R.I.B.』

7月発売予定
スーサイドサイレンス『タイトル未定』

8月発売予定
ベルフェゴール『タイトル未定』


◆エクストリームメタル・新レーベル「ケイオスレインズ」通販限定サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報