マキタスポーツのV系バンド、いよいよ本格始動

twitterツイート

テレビ東京系『ゴッドタン』の「マジ歌選手権」から登場した、ダークネスことマキタスポーツ率いるV系バンド・Fly or Die。彼らがついに、V系ファン以外も待望となる本格的なバンド活動を展開していくことを発表した。

マキタスポーツは以前より、自身のラジオ番組や著作でもヴィジュアル系の魅力やそのビジネスモデルについての言及を重ねており、その分析・研究の成果をFly or Dieという自らのバンド活動で実践していくことを宣言している。これについては5月10日22時からのTBSラジオ『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル』にて、マキタ自らが研究の成果を生出演して発表。そして今回の本格活動についても語られるようだ。

その後、深夜1時45分から放映されるテレビ東京『ゴッドタン』では、Fly or Dieも出演した<“マジ歌ライブ” at 中野サンプラザ>の模様がオンエアされる予定だ。

Fly or Dieは、すでにビクタースピードスターレコーズより配信によるメジャーデビューを飾っており、2月には六本木morph-tokyoで初のワンマンライブも敢行。従来のマキタスポーツファンや、番組を見たお笑いファン、V系ファンが入り混じるなか、大盛況となった。そしてこの秋には2度目のワンマンライブも予定されているという。

そんなFly or Die。現在は<マキタスポーツのショービジネス>ツアーにオープニングアクトとして帯同しているのみだが、6月21日に渋谷一帯で行なわれる<YATSUI FESTIVAL! 2014>に出演が決定。さらにオフィシャルサイトもオープン予定。またYouTubeでは未発表楽曲3曲のダイジェスト音源に加え、ライブで好評の新曲「矛と盾」のみんなで踊れる振り付け入りライブ映像も公開されている。


Fly or Die オフィシャルサイト
http://www.flyordie.jp ※5月10日(土) 21:00よりオープン予定
◆VARKS
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報