【イベントレポート】住岡梨奈、台湾で海外初パフォーマンス

twitterツイート

原田マハの感動小説を映画化した日台合作映画『一分間だけ』が日本公開5月31日に先駆けて、台湾では9日に公開初日を迎えた。台湾公開初日には、住岡梨奈が台湾を訪問、自身初となる海外ライブを行った。

◆住岡梨奈画像

ピーター・ホー、チャン・チュンニン、チェン・フイリン監督、ガン・リープロデューサーに加え、日本からは池端レイナも参加した初日舞台挨拶が台北市内の映画館で行われ、スペシャルゲストとして住岡梨奈が主題歌「一分間だけ」を披露することとなった。

住岡梨奈にとっては初めての海外となり、劇場舞台挨拶の前には、台北のライブハウスで初の海外ライブも行ったようだ。中国語での挨拶に集まったライブは「ナガレボシ」「言葉にしたいんだ」そして映画主題歌の「一分間だけ」などを披露。台湾のラジオで「一分間だけ」を聞き住岡梨奈のファンになったという台湾の学生たちは、生の歌声に聞き入っていた。

ラストの「一分間だけ」が終わるとアンコールの歓声が起こり、大盛り上がりのライブとなった。「一分間だけ」は日本で5月28日発売となるが、リリースに先駆けて8日から日本、台湾ほかアジアでの配信が始まっている。

「今回のために初めてパスポートをとりました。3月に東京でピーター・ホーさんや監督とお会いしたときに、本当にファミリーな感じで温かくて、「一分間だけ」の歌を口ずさんでいただいていたり、海外に行ったことが無いとお話ししたら、「ぜひ台湾においでよ!」とおっしゃっていただいて、その時の出会いが今回台湾に来ることのきっかけになりました。台湾に来れて本当に嬉しいです。台湾は、聞いていた通り食べ物が美味しく、今回、小龍包や、監督がオススメしれくれた八宝冰(パーパオピン)などを食べましたが、どれも本当に美味しかったです。今回の主題歌「一分間だけ」は、自分も実家で犬を飼っていて、初めて飼った犬がゴールデンレトリバーでした。共作した音速ラインの藤井さんもペットを飼っていて、お互いペットに対して、分かっていてもやってしまっていたことなどを、色々話し合いながら楽曲を作っていきました。そして、人と人との間でも一緒にいる時間が時に当たり前になってしまいがちですが、気持ちを伝え合うことや、些細なことにも感謝することを大切にしたいという想いを込めて作りました。」──住岡梨奈


『一分間だけ』
あるカップルと愛犬との切なくも美しい“家族”の物語。仕事、愛犬、恋愛に追われ悩み葛藤する女性編集者ワンチェンを、チャン・チュンニンが演じ、彼女を献身的に支える彼氏ハオジエを日本でも多くのファンがいるピーター・ホーが演じる。日本からは国際派女優として活躍の場を広げる池端レイナが参加。監督は、テレビドラマ「秋のコンチェルト」で記録的な高視聴率を獲得したチェン・フイリン。新鋭女性監督として注目を集め、本作が映画初監督作品となった。台湾の“カワイイ”美術や風景なども見所。原田マハの小説「一分間だけ」は台湾でも発売され、働く女性達を中心に「泣いた」「共感できる」と話題に。アカデミー賞監督アン・リーの弟であるガン・リーが映画化を熱望し、beachwalkers.吉田正大とタッグを組み、台湾で映画製作会社を設立。本作が日台合作1本目となる。日本と台湾の"ものづくり"にかける人々の思いがつながった本作が、日本、台湾をはじめ多くの人々の胸に感動を届ける。
出演:ピーター・ホー、チャン・チュンニン、池端レイナ、ディン・チュンチェン、ホアン・ペイジア
原作:「一分間だけ」原田マハ(宝島社文庫)
主題歌:住岡梨奈「一分間だけ」Ki/oon Music
製作総指揮:吉田正大、ガン・リー
プロデューサー:小出正雪、樋口隆行
制作:beachwalkers.、安可電影、崗華影視、STAAA Inc.
配給:ティ・ジョイ
宣伝:ヨアケ
(C)2014映画『一分間だけ』
rira-movie.jp
5月31日(土)新宿バルト9ほか全国にて公開

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス