ユーロビジョン・ソング・コンテスト、“ヒゲの美女”が優勝

ツイート

土曜日(5月10日)、デンマークのコペンハーゲンで<Eurovision Song Contest 2014>が開かれ、オーストリア代表のシンガー、コンチータ・ヴルスト(25歳)が優勝した。

◆コンチータ・ヴルスト画像

“ヒゲの美女”として知られるトランスジェンダー、コンチータが出場することに対し、オーストリア国内では「国を代表するのに相応しくない」と反対の声も上がっていたが、その伸びやかでパワフルな歌声は観る者を圧倒。290点を獲得し優勝した。審査員投票と一般からの電話投票により評価を下すギリシャ、スウェーデン、イタリア、スロバキア、フィンランド、スペイン、スイス、オランダ、UK、ベルギー、ポルトガル、イスラエル、アイルランドの13ヶ国からはそれぞれ満点の12点を獲得している。

次点はオランダ代表のThe Common Linnetsで238点、3位はスウェーデンのセンナ・ニールセン(218点)だった。

2006年にオーストリアのオーディション番組に出演したコンチータは、1年間ボーイズ・バンドで活動した後、2011年からコンチータ・ヴルストとしてのキャリアをスタート。「誰かの劣悪なコピーになるんじゃなく、自分自身のベスト・ヴァージョンでいること!」をモットーとするコンチータは、優勝のトロフィーを受け取る際、「この夜を、平和で自由な未来を信じる全ての人達へ捧げます。自分が何者であるか、わかっていますよね。私達は一つであり、止めることはできないのです!」と、またバックステージのインタビューで「性別や誰を愛するかなど必要ないことについて話さなくていい世界を夢見ています。今夜、ヨーロッパは、寛大で敬意に溢れたコミュニティーであることを示してくれたように感じています」と話した。

オーストリアが<Eurovision Song Contest>で優勝するのは、1966年以来となる。



Ako Suzuki, London

この記事をツイート

この記事の関連情報