ジェロ、ニューヨーク・セントラルパークで演歌を唄う

ツイート

ジェロが5月11日(日本時間12日)、母国・米ニューヨーク市にあるセントラルパークで行なわれたイベント<Japan Day>へ出演した。

◆ジェロ<Japan Day>出演画像

“セントラルパーク”にて、プロの演歌歌手がパフォーマンスを行ったのは今回が史上初めて。2014年でデビュー6年目を迎えるジェロが、母国にてジャパニーズ・ブルース=演歌を披露とあって、観客約2000人の集まった会場は大きな拍手で彼を迎え入れた。

「アメイジングボイス! ジェロ!」と司会に紹介され、ジェロはデビュー曲「海雪」でステージに登場。子供の頃に初めて覚えた演歌だという、美空ひばりの「越後獅子の唄」、そして先月発売された新曲「なきむし倶楽部」など計4曲をパフォーマンス。演歌の魅力をアピールした。友人たちも駆けつける中、「こんな天気の良い日に外で歌えてとても気持ちがいいです!」と母国での凱旋ライブを楽しんだようだ。

「Japan Day」は日米市民の交流促進等を目的に2007年にスタート。2013年はイベント全体で約4万5000人が来場し、2014年で8回目を数える。過去には渡辺貞夫、レナード衛藤、クミコ等のアーティストが出演。ジェロも何度か出演依頼を受けていたが、今回が初出演となった。

自身のパフォーマンスに続き、地元のダンスチームや学生とコラボレーションした「お祭り音頭」にも参加。太鼓や笛、三味線とともにラップも入る異色「ニューヨーク音頭」を披露し、日本の伝統芸能の1つとして紹介。「日本文化の良いところをたくさん知ってほしい」と語った。

終演後も客席からは鳴りやまない“ジェロ”コールで大盛況。イベント関係者からも「ワンダフル! これから毎年来て欲しい」と称賛の声があがった。今後「ニューヨーク音頭」のCDによる米国発売も現実味を帯びてきそうだ。


◆ジェロ 公式ホームページ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス