菊地亜美、ファンとの「社員旅行」で意外な経歴をカミングアウト

ツイート

アイドリング!!!メンバーのアイドル・菊地亜美によるファンイベント<株式会社キクチ社員旅行~地曳亜美(網)&スポゴミニスト選手権~>が行われ、菊地亜美がかつて「ゴミ拾い部」に所属していたことが彼女の口から明かされた。

◆菊地亜美 画像

5月17日(土)に開催されたこのイベントは、菊地亜美のオフィシャルファンクラブ「株式会社キクチ」の会員限定イベント。菊地亜美本人とゲームやバーベキューなどを楽しめるとあって、たくさんのファンが参加して盛り上がった。

社長に扮した菊地亜美が「みんなここだよー!!」と海岸でプラカードを持って社員となったファンを迎え、「株式会社キクチ」第1回の社員旅行がスタート。ランダムで社員が5組に振り分けられ、ゲームに勝ったチームには菊地社長から豪華賞品が贈呈されることが発表されると、集まった社員たちにも気合いが入り雄叫びが上がった。

最初のゲームは「地曳亜美(網)」。各チームが地曳網で獲れた魚から、菊地社長が喜びそうな一匹を選び社長に献上。社長の独断と偏見で各チームの順位を決めるというルールだったが、「私はアイドルなんで、皆さんに順位なんかつけられないのです。だから、ジャンケンで決めてください!」というゲームの根底を覆す発言で社員を大いに困惑させた。

社員全員でおこなった昼食のバーベキューでは、豪華食材を競う「人生ゲーム大会!!」を始め、「社長直筆サイン入りハチマキ」をかけたジャンケン大会が行われ、社員たちはこの日一番の盛り上がりを見せた。そんな中、ジャンケン大会最後の賞品は社員全員の合意で、本日の参加者唯一の女性社員にプレゼントするという心温まる場面もあり、株式会社キクチのアットホームな社風に菊地社長も満足げであった。また移動中には菊地社長がサプライズでバスガイドとして参加者たちのバスに乗り、社員たちとのミーティングや、歌声をサービスするなど、社員への福利厚生はバッチリの様子。

そして、訪れた海岸では「株式会社キクチ」のCSR活動の一環として「スポゴミニスト選手権」を実施。菊地社長が「よーい、スタート」と号令すると、社員が速やかにゴミ拾いを始め、もちろん菊地社長自らも参加。ゴミを拾いなが社員たちと交流を図った。終了後「改めてゴミ拾いをする機会がなかなかなかったので、凄くいい企画だったと思います。皆さんとお喋りしながら海辺をキレイにしてすごく気持ち良い日になりました!」と述べた菊地社長。実は小学校の時、自身の部活が「ゴミ拾い部」だったという秘話も初公開して、社員たちを驚かせた。

最後に、8月10日(日)にファンイベント「株式会社キクチ第三回株主総会」が開催されることが発表されると、社員からは大歓声が上がった。そして、社員全員で灯台で綺麗な海を背景に記念写真を撮り、社長が一人一人とアツい握手を交わし、社員たちは皆満足げに帰路についた。菊地亜美社長はイベントについて以下のようなコメントを寄せている。

  ◆  ◆  ◆

日帰りバスツアーということで、第一回は少人数でアットホームで凄く楽しかったです!
他のイベントでは出来ないような、一人一人とお話したり一緒にゴミ拾いをしたりBBQをしたり…
バスの中でファンの方とデュエットもしました\(^o^)/
ファンの皆さんも満足してくださったみたいで良かったです!
またやりたい!

  ◆  ◆  ◆

社長と社員がアットホームな社風の「株式会社キクチ」の社員旅行に参加したい方は、オフィシャル・ウェブサイトから入社案内をご覧になってはいかがだろうか。


◆菊地亜美オフィシャルファンクラブ「株式会社キクチ」
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報