ゴールデンボンバー「女々しくて」がインディーズ作品として初の金賞受賞

ツイート

発売から4年半。2014年JASRAC賞金賞をゴールデンボンバーの「女々しくて」が受賞した。

JASRAC賞は、音楽著作権を保護する日本音楽著作権協会(JASRAC)が主催し、その前年度におけるJASRACの著作物使用料の分配額が多かった作品を表彰する賞。

2012年、2013年と連続受賞していたAKB48「ヘビーローテーション」の3年連続金賞を阻んだ。インディーズ作品が金賞を受賞したのは、史上初の快挙となる。

「女々しくて」のJASRAC分配額は、2012年までは100位圏外、2013年に38位まで上がり、2014年に大飛躍の1位獲得。種目別では、「演奏等」「通信カラオケ」「インタラクティブ配信」で1位となっている。

「女々しくて」は、知らぬものは居ないほどのヒット曲だが、CDが発売されたのは約4年半前の2009年10月21日。初登場のオリコンランキングは77位。その後、インターネットの動画サイトや、テレビ出演、ライブ活動などで人気を集め、2012年大晦日に行われた「第63回NHK紅白歌合戦」に「女々しくて」で初出場を果たした。ステージ、観客席、ゲスト審査員が白塗りメイク“樽美酒研二”のお面をかぶり、会場を白く染めて、その年の話題をさらった。紅白でのパフォーマンス、翌日1月1日にリリースした新曲「Dance My Generation」がインディーズ史上初のオリコン初登場1位を獲得したことなどがニュースとなり、発売日から約3年後の1/14付オリコンランキングでは、4位を獲得した。

カラオケランキングも2012年8月27日付のランキングで初の1位を獲得。2012年9月10日付~2013年8月26日付のランキングまで51週連続で1位を獲得し、首位連続記録を塗り替え、歴代1位の作品となった。これは今も塗り替えられていない大記録となっている。

【2014年 JASRAC賞】
<金賞>
作品:女々しくて
作詞者:鬼龍院 翔
作曲者:鬼龍院 翔
音楽出版者:(有)ユークリッド・エージェンシー

<銀賞>
作品 :ヘビーローテーション
作詞者:秋元 康
作曲者:山崎 燿
音楽出版者:(株)AKS

<銅賞>
作品 :Time goes by
作詞者:五十嵐 充
作曲者:五十嵐 充
音楽出版者:(株)フジパシフィック音楽出版

ゴールデンボンバーは、現在全国ツアー中。ゴールデンボンバー全国ツアー2014<キャンハゲ>と題し、47都道府県全58公演を廻っている。


◆ゴールデンボンバーオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス