ロジャー・テイラー、クイーンのトリビュートバンドを結成

twitterツイート

ロジャー・テイラーが自らクイーンのトリビュートバンドを結成した。

◆ロジャー・テイラー画像

クイーンのドラマーであるロジャーは、お粗末なトリビュートバンドを見るのにうんざりしたため、自らオーディションを敢行して、ファン達にネット上でお気に入りのミュージシャンに投票してもらう機会を設けたのだという。

「(トリビュートの)ひどいのは、ブライアン・メイのヅラをかぶってフレディ・マーキュリーのひげを付けたすごい安っぽくてパントマイムみたいもんなんだ。あいつらに欠けているのは音楽自体がかなり複雑で、実際に演奏するのは簡単じゃないってことなんだ」

ロジャーのオーディションの結果、ボーカルにはフレディ似た声を持つフランス系カナダ人のマーク・マーテルにYouTubeで900万件のいいね!が集まった。その後、他のメンバーも選出し「ザ・クイーン・エクストラヴァガンザ」を結成した。ロジャーはデイリー・エクスプレス紙に「カナダで何週間かリハーサルしたけど、あいつらは何が上手くいって、何が得意かってことを理解したんだ。あいつらは俺たちの古い曲のかなりいいアレンジをしていて、今はそれを演奏させているんだ。すごいいい感じだよ。たまにどうしているか見に行くんだけど、最高さ」と話した。




twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報