ライオネル・リッチー、マイケル・ジャクソンのホログラムに仰天

ツイート

ライオネル・リッチーがマイケル・ジャクソンのホログラムによるパフォーマンスに「不安」を覚えたという。

◆マイケル・ジャクソン画像

5月18日(日)にラスベガスで行われたビルボード・ミュージック・アワードで故マイケルのホログラムが披露したパフォーマンスがあまりにもリアルだったため、ライオネルは友人であったマイケルのそっくりさに「驚いてしまった」ようだ。

「あれは怖かったね。だってあれはマイケルだったんだから、驚いちゃったよ。すごく良く出来ていたけど、俺がずっと待ち続けているマイケルが、本人としてでなく登場したと気付いたから、なんだか不安に感じたよ。俺にとってはあれはちょっとやり過ぎだったね」

ライオネル・リッチーはマイケルの記憶がよぎってしまったことで、そのパフォーマンスを楽しめなかったと認めている。マイケルのことは本人のことだけで記憶に留めておきたいかと『アクセス・ハリウッド』内で尋ねられたライオネルは「そうだね。俺はマイケル本人としてだけ留めておくよ」と答えた。

一方で、マイケルの兄であるジャッキー・ジャクソンは今回のホログラムによるパフォーマンスを「承認」しており、「美しかった」とコメントしている。「美しかったし、信じられないね。本当にマイケルがそこにいるのかと思ったよ。ちょっと涙ぐんじゃったね」


この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス