【ライブレポート】Perfume、最後の国立で6万人総チョコレイト・ディスコ ── <JAPAN NIGHT> DAY2

ツイート

国立競技場最後の音楽イベント<SAYONARA 国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT>。感動の1日目“Yell for Japan”公演に続く29日公演は、「世界の人々に、日本の姿と日本の音楽の力を知ってほしい」という主旨のもと、海外での活動に積極的なSEKAI NO OWARI、Perfume、MAN WITH A MISSION、そしてL'Arc~en~Cielという4アーティストが登場する“Japan to the World”公演だ。Prefumeのライブレポートをお届けしよう。

◆Perfume <SAYONARA 国立競技場 FINAL WEEK JAPAN NIGHT> 画像

  ◆  ◆  ◆

日没の時間を迎えた国立競技場。<JAPAN NIGHT>のために入場時に配られたLEDスティックライトをオンにするアナウンスがスクリーンに表示され、客席側では、次に登場するアーティストへの期待と興奮がさらに高まり、転換中に流れていたBGMがかき消されるほどの大きな手拍子と歓声が自然に沸き起こる。観客が次に待ちわびたアーティスト。それはPerfume。

スクリーンに映しだされた光が3人のフレームを形作り、そして鼓動とシンクロするスティックライト。大盛り上がりの国立競技場に響く「Welcome to Perfume World」で、彼女たちのライブは幕を開けた。

これまでの2組が放っていたバンドサウンドとは空気が変わり、テクノポップが器の形をした国立競技場を満たしていく。1曲目の「edge」から、誰しも自然にリズムを刻みつつ、ステージ上、全面LEDのボックスタイプのセットとともに登場した3人に釘付けとなる。ステージに設置された3面の巨大スクリーンをフルに使った映像とシンクロするPerfumeのパフォーマンス。それはもう、国立競技場自体がPerfumeという作品の一部になったかのようですらあった。

6万人を収容した巨大なクラブ空間のためにアレンジされた「Spring of Life」では、3人を模ったCGと本人たちのダンスパフォーマンスのシンクロに加えて、オーディエンスもまた振りコピで応える。そしてあ~ちゃんの「みなさんこんばんは、Perfumeです。素敵な思い出にしましょう!」の挨拶とともに「Magic of Love」へ。ひとりひとりのスティックライトが作り出した光の洪水が、暗闇を埋め尽くしていった。

「みなさん、こんばんは。あらためて自己紹介します。かしゆかです。あ~ちゃんです。のっちです。3人合わせて、“Perfumeです!”」

お決まりの自己紹介を会場全体で行なったのち、今回のイベントに日本を代表するアーティストのひとりとして出演できたことを「嬉しいねぇ~。」と声を合わせる3人。さらにあ~ちゃんは「(持ち)時間は30分、そうなの。そんな中、1曲目は7分ありました! ありがとう!」と、オーディエンスから笑いと喝采を浴びた。

彼女たちのライブでは恒例のコール・アンド・レスポンスコーナー(「P.T.A.」のコーナー)で会場をたっぷり温めた後、「私たちの曲で盛り上がってくれますか?」と、ライブは「チョコレイト・ディスコ」へ。右を見ても左を見ても、曲に合わせて踊る人、人、人。6万人が声を上げて踊っての総チョコレイト・ディスコ状態は圧巻だ。

「ラスト1曲です。みんなの思いは、きっと巡り巡らすと思います。」

Perfumeが、最後の国立競技場で響かせたのは「ポリリズム」。海外のプレス関係者も最後まで見入っていたステージングでキュートながらエッジの立ったクールな魅力をふんだんに振りまき、<JAPAN NIGHT>のステージを大トリ・L'Arc~en~Cielへとつないだ。

「ありがとうございました。私たちにとっては最初で最後の国立ですが、7年後、建て替わったとき、同じように日本の音楽の代表としてまた呼ばれるように活動を頑張ります!」


◆JAPAN NIGHT オフィシャルサイト
◆BARKS JAPAN NIGHT 特設ページ
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス