SIAM SHADEのNATCHINが新バンド21g結成! PV撮影に無料招待

twitterツイート

SIAM SHADEのNATCHINが新バンドを結成した。バンド名は、21g(トゥエンティワングラムス)だ。

◆21g~拡大画像~

「21g」というのは人間の魂の重さと言われている。天寿を全うしたあと、魂が抜けたあとの肉体は、生前よりも21g軽くなっているそうだ。たった21gの魂だが、生きているうちに、命を目一杯輝かせ、魂を鍛えることで、もしかしたらその分量は増えるかもしれない。だったら21g以上の魂を目指してこれからも生きて行こうじゃないかという熱い魂を燃やす4人が集ったバンドだ。

とにかく、緑の仮面をかぶった謎のヴォーカリスト・Genoの姿が目を引く。緑という色は、人間の五感の中でも特に嗅覚と深い関わりがある色。ホームページでも公開されている「天照賛歌」を聴くと、彼の歌声は、そんな「緑」が表すように、熱いだけではなく匂い立つような男臭ムンムン。彼の素顔はこれから徐々に明らかになっていくようだが、作詞作曲を担当している「天照賛歌」にも彼のキャラクターが映し出されているように思える。「♪後悔する前に飛び出せ」。ガムシャラな歌詞を表現するのにピッタリな声の持ち主である。

そういえば、中世の時代からイタリアのヴェネチアでは仮面カーニバルが行われている。このカーニバル、仮面をかぶることで、年齢や身分などのしがらみに捕われることなく、自分を解放することが目的だ。

仮面のヴォーカリスト・Genoが唄うこの「天照賛歌」は、そんな仮面の効果のように、いろんなしがらみに躊躇しないで自分を解き放てとメッセージを投げかける。何度か聴いただけで、ちょっと口ずさみたくなる感覚も、80年代、90年代ロックのようで、くすぐったくも愛おしい。

おっと、話が曲のことにそれてしまったが、メンバー紹介を続ける。冒頭にも書いた通り、ベースはもちろんNATCHIN。彼が所属するSIAM SHADEは、2013年、さいたまスーパーアリーナを皮切りに全国7カ所で12年ぶりのツアーを行ったことでも記憶に新しい。また、元THE YELLOW MONKEYのANNIEや、SEX MACHINGUNSのANCHANGと組んだBIG BITESのメンバーとしても活躍中だ。

写真を見てもおわかりの通り、mi-yaは女性ギタリスト。バンド結成のためのオーディションでは、「3歳からピアノを続けている絶対音感の持ち主」という情報だけで、即加入が決定したという逸材だ。大阪在住の彼女は、地元でもガールズエレクトロメタルコアバンド、a DROP OF JOKERのメンバーとしても活動。「天照賛歌」でも女だてらにテクニカルなギターを聴かせてくれている。ブリッジのギターソロでは、女性ならではの繊細さも持ち合わせた美しい早弾きは聴きどころだ。

そして、ドラムのAct.は東北出身で、日本人ドラマーには珍しく185cmの長身のイケメン。手足の長さを活かしたパワフルさはもちろんのこと、テクニックや小技に頼らない一打入魂のプレイが特徴的。また、彼はロックをメインに多ジャンルの楽曲を叩きこなすオールラウンドプレイヤーでもある。音楽以外にも特技や趣味がたくさんあるようなので、今後はそのキャラクターにも注目してほしい。

こんな4人で活動をスタートさせた21gだが、7月17日には、この「天照賛歌」のミュージックビデオ撮影のために無料招待ライヴを行う。まだデビューもしておらず、ファンもいない状態で、なんという無謀。でも、こういう無謀さに彼らの熱さ、ロック魂が感じられる。この無料招待ライヴが21gのお披露目ともいえるが、そこでは謎の男、Genoの素顔も垣間見えるそうだ。

今後の予定は、ライヴバンドらしく秋からは正式なライヴ、年内には音源をリリースしたいという(いや、してほしい)。まずは、「天照賛歌」のミュージックビデオの内容がどのようなものになるのか気になるところだ。

<21g(トゥエンティワングラムス)「天照賛歌」PV撮影無料招待>
日程/2014年7月17日(木)、18:30より入場開始
会場/初台DOORS
※参加方法ほか、詳しくは、21gホームページをご覧下さい。

◆21g OFFICIAL SITE
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報